本当の台湾の味を知りたいなら“自助餐”に行くべき

例えば魯肉飯なんかは日本で台湾の国民食なんて言われたりするけど、じゃあ台湾人がしょっちゅう魯肉飯食ってるかといえばそんなことはないし、家庭でわざわざ作ることもないわけです。ましてや小籠包やら牛肉麺なんていう戦後に中国人が伝えた料理が台湾を象徴する味のはずはありません。さりとて台湾人の家庭にそう簡単に招かれるというわけにもいかないわけで、じゃあ本当の台湾の味を知りたかったらどうすればいいかっていうと自助餐に行けばいいのです。
続きを読む →

桃園MRTに設置されている無線充電器が便利すぎる

台湾は日本以上のスマホ大国であるとともに、フリーwi-fiも日本以上に発達している国です。日本でも空港とか電車の中とか、成田と都内をつなぐバスなんかにUSBコネクタが装備されていますが、台北ではほぼすべてのMRT駅に充電スタンド的なコーナーが設置されています。

5月に台湾に行って驚いたのは、桃園空港と台北駅を結ぶ桃園MRTに無線充電器が設置されていたこと。飛行機内でずっと動画を見ていたために電池が減っていた愛用のiPodTouchを早速つなげてみました。
続きを読む →

ストローなしでタピオカミルクティーをどう飲めというのか…

台湾のコンビニでドリンク類を買うとストローが付いてきます。500ccの紙パックには、ストローを挿すための穴がついており、開けずに飲めるので便利です。ペットボトル買っても出してくる店もあるのでそういうときはいらんといいます。

台北の飲食店では、クソ甘くした紅茶を無料で提供している店もあります。以前一人鍋の店に行ったとき、紅茶も飲み放題だったのでコップについで飲んでいましたが、周りを見るとコップから直接飲んでいるのは私だけで、台湾人はストローで飲んでました。

まあだからって必ずしも台湾人が飲み物をストローでしか飲まないというわけでもなく、そこらへんの基準はよくわかりません。
続きを読む →

インタウンチェックインが便利すぎてもうLCCは使いたくない

ここ数年台湾に行く時は主にピーチやバニラなどLCCを使っていました。なんといっても安いし、ピーチの場合羽田発なのでうちからの移動も便利です。荷物は預けないので基本料金で、たださすがに窓側や真ん中の席だとつらいので席だけ指定料を払っておけば行き4時間、帰り3時間ほどのフライトも快適です。
続きを読む →

今日から開催 台湾フェスティバル™2018

毎年恒例の台湾フェスティバル™が今年も上野恩賜公園で開催されています。台湾フェスティバル™は、歴史が深い日台の関係を主に台湾の食文化によってさらに一歩進めていこうという趣旨のもと開催されているイベントです。近年台湾は日本人の海外旅行先として常に上位に選ばれ、台湾からもたくさんの台湾人が日本に訪れています。しかしながら、例えば人気漫画の『食戟のソーマ』などでも台湾料理を中華料理の1つのジャンルに過ぎない扱いをするなど、台湾と中国の区別がついていない人もおり、まだまだ理解されていない部分や誤解されている部分もたくさんあります。
続きを読む →

台湾のセブンで台湾限定ベビースター販売

台湾には日本のお菓子は有名所だったらだいたいのものが売られています。もちろんベビースターラーメンも売られていて、これはおやつカンパニーの現地子会社・優雅食が製造販売しています。その優雅食が本日6月20日より、セブン限定で「らーめん山頭火」とのコラボ商品「ベビースタードデカイラーメン 鹽味豚骨拉麵口味」を発売します。塩味豚骨拉麺味って感じですかね。
続きを読む →

春水堂のタピオカミルクティーは「去冰」にしたほうがいい

春水堂といえば台中発祥のお茶専門店で、珍珠奶茶=タピオカミルクティーを発明したお店でもあります。『ファイブスター物語』の14巻では、ツバンツヒちゃんがラキシスを籠絡するために春水堂のタピオカ鉄観音ミルクティーを献上しており、遠い未来、もしくははるかな過去のジョーカー太陽星団でも親しまれていることがわかります。今では南京東路の三越の地下とか空港とかにも支店があり、ていうか東京にも支店があり、比較的お手軽に行けるようになりました。
続きを読む →

親密な友邦台湾からの好意を、脅しに屈して足蹴にする日本の企業

昨日6月18日に大阪で発生した震度6弱の地震は、阪神淡路大震災や東日本大震災のような大災害に至らなかったことは不幸中の幸いとはいえど、それでも亡くなった方もおられ、怪我をされた方も多数出ました。亡くなった方にはお悔やみを、大小にかかわらず被害を受けた方にはお見舞いを申し上げます。

今回の地震でいち早く反応した国は台湾でした。蔡英文総統はわざわざ日本語で、支援の用意があることを表明されています。

東日本大震災のときの台湾からの温かい支援には、今でも多くの日本人が感謝の意を示しています。また、逆に日本と同様地震が多い台湾からも、日本の災害支援への感謝が寄せられています。

日本と台湾はこのように非常に親密で信頼し合う友邦です。

にもかかわらず、日本のマスコミは蔡英文総統の支援ツイートを報じた記事において「台湾のトップ」などと記しました。日本に最大の好意を寄せてくれた一国の国家元首、しかも民選の総統をどこにはばかってか「台湾のトップ」などというあやふやな紹介をするのはあまりにも失礼ではないかと思います。

台湾の外務省に当たる外交部はまた、JAL、ANAが自社のwebサイト上において台湾を中国の一部であるような表記に改めたことに抗議をしています。

これは、中国政府からの恫喝に屈したもので、日本政府も中国に対して日本の民間企業への圧力について抗議を行っています。

中国の抗議に屈した航空会社は日本だけではないとはいえ、日本の会社こそ屈するべきではなかったのではないかと思います。

小籠包と小籠湯包と灌湯包子の違い

日本人は言葉の意味を探求せずに、なんとなくニュアンスで意味不明な分類をしたがる特徴があります。例えばパンケーキとホットケーキ。甘いクリームとかフルーツを乗せたのがホットケーキで、食事系がパンケーキだとか、その逆だとかわけわかんない分類をしていますが、パンケーキもホットケーキも同じものです。パンケーキっていうのはフライパンで焼いてつくるケーキという意味に過ぎず、そんな細かい分類なんぞはないんですよ。
続きを読む →

【6月21日(木)から】今年も上野公園で台湾フェスティバル™開催

台湾好きが日本に住んでいると不満なことが一つあります。それは、台湾そのままの味を食べられるところがほとんどないこと。日本で「台湾料理」を掲げる店はたくさんあるけれど、9割はただの中華料理。残り1割は本当に台湾で売られているような料理が食べられるけれど、日本人向けに味が変えられているのでかえって不満がつのるということが多いです。日本で食べた台湾料理で、現地のものに比較的近いかなという味を出していたのは、沖縄の金壺食堂と、横浜中華街の関帝廟横にある萬和楼ぐらいですかね。ただ、萬和楼の料理は台湾より塩分強めになってたと思います。
続きを読む →