台湾が世界で初めて武漢肺炎ウイルス(新型コロナウイルス)感染を克服し日常へ回帰

6月7日、台湾は56日間連続の武漢肺炎ウイルス感染者0人を達成しました。これは最大2週間と考えられている武漢肺炎ウイルスの潜伏期間を4回重ねても新規感染者が出なかったということになり、潜在的な無症状の感染者を含めて感染を拡大しうる感染者が国内にいる可能性が非常に低いことを意味します。

これをもって台湾では、本日6月8日よりこれまで感染予防のためにとってきた様々な対策–映画館やホールなどでソーシャルディスタンスを保つための席の間隔あけ、プロ野球の試合での入場者制限、公共交通機関でのマスク着用の義務化–などを解除。

国外からの感染者に対する水際対策は継続され、日常生活でのソーシャルディスタンスを保つこと、マスクの着用や手洗いの徹底などは続けて呼びかけていくものの「防疫」体制から平常の生活をできる状態に戻されることになりました。

また、武漢肺炎ウイルスへの警戒態勢をとっていらい140日間毎日続けられてきた中央疫情指揮中心による状況説明のための定例記者会見も6月7日をもって終了となりました。

台湾は、世界で初めて武漢肺炎ウイルスを克服した国となりました。

これも、蔡英文総統が総司令官として適切な人材を配置し、現場司令官の「鋼鉄部長」陳時中氏が医学にもとづく的確な対策をとったおかげであるとともに、台湾国民もまた非常に冷静に状況に対応して協力した成果であるといえます。

台湾はこれから徐々に感染状況が抑えられている国からの入国を制限していく予定です。しかし、日本からの制限解除は当分期待できないでしょう。

解除されたとしてもいわゆる「免疫パスポート」の提示が求められる可能性も考えられます。

誠品書店敦南店が閉幕

昨年日本橋にも進出した誠品書店。その一号店が敦南店でした。

正確に言えば敦南誠品がある場所より少し南にあるロータリーのほうにあったものが、敦南金融大楼に移転して本店となりました。

その敦南誠品が、5月31日をもって閉店しました。
続きを読む →

6月7日に防疫体制緩和の可能性

中国を発生源とする武漢肺炎ウイルスの防疫で最も優秀な成果を上げている国の筆頭にあげられる台湾では、5月26日現在、国内新規感染者ゼロの日数が連続で44日間確認されていません。

防疫の中心である衛生福利部中央流行疫情指揮中心の5月26日付の発表では、感染者の総数は441名、死者7名、隔離解除された人は416名。現在感染者として隔離されているのはわずか18名に過ぎません。
続きを読む →

蔡英文総統が総統職に再就任し第二期蔡英文政権が成立

本日5月20日、蔡英文総統及び頼清徳副総統のい就任式典が行われました。

これにより、本日から第2期蔡英文政権が発足することになります。

本来ならば台湾国内で広く式典が行われ、台湾と外交関係を結ぶ諸外国からも要人が招かれるところ、武漢肺炎ウイルスへの警戒態勢が解かれていないために規模が縮小され、総統府での就任式典のみが行われました。
続きを読む →

5月8日より台湾プロ野球が観客を入れての試合開催

武漢肺炎の感染阻止に世界で最も成功している国が台湾です。

日本の武漢肺炎の報道を見ていると、時折「ジャパンモデルで世界で最初の感染収束を」などと頭沸いてることを唱えているバカがいますが、現実は追加の給付金への言及もないままただ自粛を呼びかけ、国民に責任を押し付けるだけの緊急事態宣言延長というありさま。

しかし台湾は違います。願望ではなく実質的な意味で世界最初の収束宣言を出す国は台湾であろうことは誰の目にも明らかなこと。

その台湾で、本日5月8日より感染拡大以来世界で最初に、観客を入れてのプロ野球の試合が行われます。
続きを読む →

台湾国内での新型コロナウイルス36日ぶりに感染者0人

どこかの国の総理大臣は全て後手後手にまわった対応をしておきながらも諸外国に比べて遅くなかったなどと言い張っていますが、武漢肺炎を引き起こす中国ウイルス感染者の拡大はいまだとどまるところを知りません。

それに対し、本当の意味で先手をうち、感染拡大を食い止めている台湾では、4月14日時点での全ての感染者数が393人と、日本の一日の感染者数より下回っています。

台湾では徹底した対応で感染を食い止め、ロックダウン状態にしていないにもかかわらず4月7日以降の新規感染者は一桁台にとどまっており、そしてついに4月14日には新規感染者がゼロとなりました。

これは3月9日以来36日ぶりのこと。

北朝鮮のようなただ情報を隠蔽しているだけの国ではない、民主国家においてこの成果は特筆するに値します。

もちろん感染症のことなので、これからまた数人の新規感染者が出る可能性は高いでしょう。しかし、このまま推移すれば、台湾が世界でもっともはやく新型コロナウイルス感染を終息させた国になるはずです。

台湾の中央研究院が、新型コロナウイルス増殖を抑制できる可能性がる成分を発見

武漢肺炎を引き起こすチャイナウイルスが全世界で猛威を振るう中、各国では新型コロナウイルスに対するワクチン、治療薬などの研究が急速に行われています。

台湾では、国立アカデミー・中央研究院を中心に専門の研究チームが組織され、中国を始め世界各国の感染地域から台湾に帰国した感染者より、22種類の新型コロナウイルス分離に成功しています。

また、4月9日には、新型コロナウイルスに対する抗体25株が発見されたことが報じられました。

さらに、4月11には自由時報が、中央研究院の梁博煌氏が率いる研究チームが、新型コロナウイルスのメインプロテアーゼを抑制する成分を発見したと報じています。
続きを読む →

マスクの消毒もできる!台湾の神器・大同電鍋がガチで神!

台湾ではマスクの生産能力が向上し、全国民が2週間で9枚(子供は10枚)格安で購入できるようになっています。

とはいえ14日間で9枚は、毎日使い捨てにするには足りません。

そこで、陳時中指揮官を中心とした総統府の中央疫状指揮中心(中央感染対策指揮センター)は、中山医学大学の賴全裕副教授らによる実験に基づき、台湾で今もなお「神器」として愛用される万能調理器「電鍋」を使ったマスクの消毒方法を紹介しました。
続きを読む →

台湾のマスク生産力が他国に寄付をできるレベルにまでなっていた

日本でマスクの話題といえば、全世界から嘲笑を集めた「アベノマスク」。

政府は国内のマスク生産を月産7億枚としていますが、1億人以上の人口の国で、日割りすると1日約2300万枚程度の生産量では国民一人ひとりに行き渡るには程遠く、しょうがないから洗える布マスク配布してやれというごまかしきれていないごまかしでしかありません。

一方台湾では、4月1日に蔡英文総統が、欧米各国、台湾と外交関係がある各国にマスク1000万枚を寄付すると表明しました。
続きを読む →