今日は地獄の門が閉まる鬼月最終日

今日は農暦7月30日で台湾では「鬼月」の最終日です。鬼月最終日は「関鬼門」中元地官大帝の恩赦によって開かれていた地獄と現世を隔てる門が再び閉められます。台湾人はやっと安心できるわけです。この日は夕方から「謝燈脚」という、地獄からやってきた霊=好兄弟に再びもとへ戻ってもらう儀式が行われます。
続きを読む →

ハローとバイバイ

日本人はだいたい「hallo」という言葉は「こんにちは」と同じような挨拶の言葉だと思っていると思います。しかし、weblioで「hallo」をひくとこうあります。

aやあ!, おい! 《あいさつや人の注意を呼ぶ発声》.

で、台湾ではどっちかというと「人の注意を呼ぶ発声」のほうで使われています。例えばお店でなにか注文してできるのを待っているとき、できたことを知らせるためにこちらに向かって「hallo」と呼びかけられたりします。実体験だと女性がこちらに呼びかけるのに使われる率が高かったような気がします。おばあちゃんはともかく、中年の女性以下だとわりあい使いますね。

これは「ちょっとそこのあなた」程度の呼びかけなので、「hallo」と呼びかけられても挨拶だと勘違いして「hallo」と返さないほうがよろしいでしょう。
続きを読む →

台湾人がなぜか哪吒三太子を好きすぎる

台湾の宗教の主流は中国からの移民が持ち込んだ道教です。特に人気なのは天上聖母媽祖や関聖帝君、城隍や福徳正神など。斉天大聖=孫悟空も人気でいろんな廟に祀られます。斉天大聖は講談や小説の架空のキャラじゃないか?それを言うなら元始天尊や玉皇大帝、西王母だって架空の創作された神様なんだからいいんじゃね?と思います。
続きを読む →

今日は中元節

今日は鬼月の中日となる中元節です。農暦7月15日の中元節は三官大帝のうち中元地官清虚大帝の誕生日であり、その恩赦として地獄の亡者が地上に戻る日となっています。また、後の世にでっち上げられた盂蘭盆経による盂蘭盆会が習合しており、地上に戻ってきた亡者を天に送る普渡法会が行われます。そのため「中元普渡」とも呼ばれます。
続きを読む →

今日は七夕

今日は七夕です。七夕はかなり古い中国の伝統節日で、おそらくは明代末から清代の間に台湾に伝えられました。農暦7月7日は日本で織姫と呼ばれる織女の誕生日で、本来七夕は女性が針仕事の上達を織女に祈る日でした。かつて針仕事は家事として重要だったというだけではなく、女性が収入を得られる数少ない職業の一つでもあったので、わりと切実な祈りだったわけです。
続きを読む →

今日から「鬼月」

今日から台湾は農暦7月の「鬼月」になります。鬼というのは中国から伝わった地獄の鬼卒のイメージや鬼門の艮=牛と虎というダジャレから日本人がでっち上げた角が生え虎柄パンツをはいた「オニ」のことでもラムちゃんのことでもゼロツーのことでもなく、日本語で言う幽霊のことです。
続きを読む →

台湾で人気の神様バディ七爺八爺

台湾の廟に行くとよく主祭神の両脇などに大きな人形が並べられていることがあります。これは「大仙尪仔」とか「大仙翁仔」といって、お祭りのときに人がかぶって、神輿の巡行に従って練り歩くためのものです。大仙尪仔は様々な神様のものがあり、今まで見たことがあるものだと顕聖二郎真君や中壇元帥李哪吒、岳飛や殷郊などがありました。横浜中華街で毎年行われる「関帝誕」では、四海龍王の大仙尪仔も見られます。
続きを読む →

暑いときには緑豆湯

今日からクソ暑い日が続くようですが、熱中症にはくれぐれも気をつけてください。お茶やコーヒーには利尿作用があるので飲む前より水分が減って脱水症状になてしまうなどというアホ情報があいかわらず流れていますが、コーヒーやお茶に含まれるカフェイン程度でそんなことは起こりません。
続きを読む →

今日は5月5日の端午節

今日は農暦5月5日の端午節です。端午節は中国で生まれた節句ですが、漢人移民が台湾に持ち込み、現在の台湾では祝日になっています。

端午節には粽子を食べるもの。上野のアメ横センタービルで買っておいた粽子を朝食に食べました。
続きを読む →