羅斯福路というアホ道路ははやく改名すべき

台湾における大統領府である総統府は、日本時代の1919年に建設された台湾総督府をそのまま使用しています。日本から中華民国へ台湾の支配者が変わっても台湾支配の象徴として存在するのが総統府です。ちなみに総統府の真ん前で写真撮ろうとするとしかられるので離れた位置から撮りましょう。
続きを読む →

台湾のラッピングバス

台湾はバス王国で特に都市部ではバス路線がものすごく発達していて逆にどれに乗ればいいのかよくわからんということも発生します。そしてあまりにも多いのでバスはいちいち自分からは止まらず、乗りたいバスが来たらわかるように手を挙げねばなりません。昔は沖縄もそうでした。それでいつごろから始まったのかは忘れたけどその大量に走るバスを利用したラッピングバスが走るようになりました。今では長距離バスとかは別として、市バスの9割以上がラッピングバスです。
続きを読む →

台湾の宗教

台湾は多民族国家なので数多くの宗教が信仰されています。原住民には素朴なアミニズムやシャーマニズムがあったようです。原住民の一部には首狩りの風習がありました。頭は魂が宿るところで、その力をもって天災や疫病などを避けるために狩った頭を祀ったりなどもしていたようです。
続きを読む →

台湾のセブンイレブンではミスドのドーナツが買える

日本の企業文化というのはつぶしあいというか、駅前に進出したイオンが駅前商店街を潰して今になって自分も潰れるみたいな、両雄並び立たず双方共倒れっていうゴジラ対キングコングみたいな結果的にバカジャネーノっていうやり方ですよね。セブンイレブンが初めてローソンやファミマもパクったコンビニドーナツも、業界大手のミスドを潰しに行って、潰れはしなかったけどミスドは業績悪化して、ついでにコンビニドーナツもパンコーナーの横にひっそり置かれるという共倒れ状態です。
続きを読む →

台北のそこらへんをうろついてる鳥「ズグロミゾゴイ」

今夜のNHK『ダーウィンが来た!』は、奥多摩で暮らす絶滅危惧種の鳥「ミゾゴイ」が取り上げられていました。ということで便乗で、台北のそこらへんでよく見る鳥「ズグロミゾゴイ」を取り上げたいと思います。ズグロミゾゴイはペリカン目サギ科ミゾゴイ属に分類され、日本でも八重山諸島のほうに生息するようです。日本ではミゾゴイ同様絶滅危惧種に指定されています。
続きを読む →

割と日本人が勘違いしそうな台湾華語の言葉

中国語を勉強したことがない日本人の中には、漢字や日本語の熟語を並べれば筆談が通じると思っているアホもいるわけですが、そんなわけあるか。こちらが書いたものが通じるならばあちらが書いたものもわかるはず。でも中国語勉強したこともないのに中国語の文章わかるはずないでしょ?漢文の素養があればある程度は読めるかもしれないけど、日本で漢文と呼ばれているものは中国語の古文でありしかも文語体ですから、外国人が日本語の古文を勉強したところで現代日本語を理解できるようにならないのと同様、漢文では現代中国語を理解はできません。
続きを読む →

西門町の守護神・林默娘ちゃんかわいすぎ問題

西門町というところは紹介する記事の都合によって「台湾の原宿」だとか「台湾の秋葉原」だとか言われてるけどなんでいちいち日本の街に例えなければいけないのか。アホはそうしないと理解できないから仕方ないのか。西門町界隈は言うほど原宿っぽくもなく、まったく秋葉原っぽくなく、西門町は西門町でしかないと思うわけですよ。そんな西門町の守護神・林默娘ちゃんがかわいすぎなので紹介します。
続きを読む →