極愛台湾

【228事件75周年】台湾は中国には属さない独立国であり「正統中国」などではない

本日は台湾では228事件の紀念日にあたり、今年は228事件勃発から75周年にあたります。紀念日は単純に訳せば記念日となりますが、日本語の記念日とは少しニュアンスが異なり、どちらかといえば何かの事件に遭った方々を祈念する日になります。

228紀念日における台湾政府の公式紀念式は、例年なら台北の228和平公園で行われるところ、今年は基隆で行われました。

台湾政府からは蔡英文総統をはじめ、蘇貞昌行政院長、游錫堃立法院長などが参加。蔡総統は式典での挨拶でロシアの侵略に抗戦するウクライナに触れ、総統として台湾を団結させ、民主を護ることがこれまで私が堅持してきた責任ですと述べました。

さて日本には、台湾を擁護しているつもりなのかなんなのか「台湾こそ正統の中国だ」などと主張する知能が低い連中がいます。

中国は偽物だ、台湾こそ本物の中国だと言いたいのでしょう。どれだけバカなのかと。

我々こそ正統な中国であると主張したのは、台湾を占領した後の蒋介石及び国民党政権です。

では蒋介石の政権が台湾で何をしたか?

228事件とそれに続く白色テロで台湾人を虐殺し、38年にも及ぶ戒厳令を敷いて台湾人の自由を奪い、小さい面子から国連から脱退して台湾を国際社会の中で路頭に迷わせました。

李登輝政権になってから行われた調査では、228事件の犠牲者は1万8千~2万8千人だとされました。この犠牲者数にはその後白色テロによって不当に逮捕されて処刑された人数は入っていません。

台湾は李登輝という奇跡的な政治家が総統の座につくことで、奇跡的な民主化を果たしました。それ以降台湾は蒋氏政権が掲げた反攻大陸などというバカな妄想は捨て、我々こそが正統中国であるなどという主張もやめました。

そのかわり李登輝総統は二国論を、陳水扁総統は二国論を補完した一辺一国論を掲げ、台湾は中国から切り離された独立国であるという立場をとるようになりました。

台湾が正統中国だなどと主張していたのは、台湾を占領し台湾人を虐殺した蒋介石ぐらいのものです。

蒋介石による台湾占領以来、台湾人はずっと台湾が台湾として独立を保つことを願ってきました。台湾が中共に成り代わって中国の正統統治者になりたいなどと考えている台湾人などいません。

現代台湾で台湾こそが正統中国だなどと主張すればキチガイだと思われるだけです。

台湾が正統中国だと抜かしている日本人もキチガイ扱いでいいと思います。

日本人として言うべきことは、台湾は中国になど属さない独立国であるということを支持することです。

モバイルバージョンを終了