フランス議員団とオーストラリア元首相が蔡英文総統と面会

昨日台湾に到着したフランスの超党派議員団は、外交部の吳釗燮部長に招かれ、中国が難癖をつけて輸入停止している台湾産パイナップル、蓮霧、釈迦頭などをふるまわれたようです。

そして議員団は本日10月7日、総統府にて蔡英文総統と面会しました。

蔡英文総統は、議員団に対し中国の圧力にも負けず台湾を訪問してくれたこと、台湾海峡安定の重要性に関心をもってくれたこと、台湾の国際組織への参加を支持してくれることなどについて感謝の意を述べ、議員団を率いるアラン・リシャール元老院議員は、経済の発展や高い科学技術、保健領域や国際的な強調など台湾が多方面にわたって国際社会へ貢献していることが台湾を支持する理由だとして、台湾支持をあらためて確認しました。

また、蔡英文総統はアラン・リシャール元老院議員に対し、台湾とフランスの友好関係に多大な貢献があったことを理由に「特種大綬卿雲勳章」を贈りました。

蔡総統は続けて、5日に台湾に到着していたオーストラリアの元首相トニー・アボット氏とも面会しています。

アボット氏は台湾の民主主義と経済的発展を称賛し、しかし隣の国のように台湾の繁栄を歓迎している国ばかりではないゆえに、民主国家はさらに団結しなければいけない。台湾は国際社会の中で新型コロナウイルス感染をコントロールしている数少ない国家だが、いくら台湾の貿易が卓越していても、WHOなど国際組織には参加できていない。今回の台湾訪問は、台湾の国際組織への加入を後押しするためだと述べました。

また、蔡総統はアボット氏に対し、オーストラリアが日本、アメリカ、インドよりなるQuadの関係を深め、台湾海峡の平和維持に関与していること、アボット氏が台湾オーストラリア間のECA(経済協力協定)の締結、CPTPP加入を支持していることへの感謝をあらわしています。

アボットさんは、次に来るときには台湾の風景や美食を堪能したい。今回が最後ではなくこれからも何度も台湾に来たいと、ぶっちゃけこの人政治とか抜きにしても台湾好きなんじゃあというところを見せています。