【東京パラリンピック】女子卓球シングルス立位クラス10で田曉雯選手が銅メダル

本日8月28日に行われた女子卓球シングルス立位クラス10で田曉雯選手が銅メダルを獲得しました。

パラリンピックの卓球は肢体不自由者、知的障害者、聴覚障害者それぞれに分かれており、肢体不自由者はさらに車椅子と立位に分かれています。

車椅子はクラス1から5まで、立位はクラス6から10までがあり、それぞれ数字が大きいほど障害度は軽度になります。

田曉雯選手は1999年生まれの21歳。国立高雄大学に通う大学生です。出生時の医療過誤により右手の神経が萎縮してしまっているとのことで、ラケットは左手で握っています。

今回のパラリンピックには台湾から10名の選手が参加しており、田選手が最初のメダル獲得となります。