【東京オリンピック】台湾メダルラッシュ

7月27日の東京オリンピック。本日の台湾は3つのメダルを獲得しました。

まず卓球男女混合ダブルスでは、第3シードの林昀儒・鄭怡静ペアが準々決勝で韓国を下し準決勝進出。

続く準決勝で日本の水谷隼・伊藤美誠ペアと対戦し敗れるも、3位決定戦でフランスに勝利して銅メダルを獲得しました。

林選手は2001年生まれの19歳、鄭選手は1992年生まれの29歳。

林選手、鄭選手ともにオリンピック初出場でのメダル獲得となります。

日本の水谷隼・伊藤美誠ペアは決勝で中国を破って金メダルに輝いています。

また、ウエイトリフティング女子59kg級で郭婞淳選手がスナッチとクリーン両方のオリンピック記録を更新し、台湾にとって今大会初の金メダルを獲得。

郭選手は台湾東部の原住民アミ族で、1993年生まれの27歳。女子59kg級スナッチ・クリーン&ジャーク・トータルのワールドレコードホルダーです。

自由時報の報道によれば郭選手は大会前から左足に故障があり、それを押しての出場だったとのこと。

同種目では日本の安藤美希子選手が銅メダルを獲得しています。

同じくウエイトリフティング女子64kg級で陳玟卉選手が銅メダルを獲得しています。

陳選手は1997年生まれの24歳。今年4月にウズベキスタンで行われたウエイトリフティングアジア大会64kg級でスナッチ、クリーン&ジャーク、トータル3つの金メダルを獲得している実力者です。

本日3つのメダルを獲得し、台湾の総合メダル数はこれで6個となりました。

台湾の獲得メダル
7月24日:柔道男子60kg級楊勇緯選手 銀メダル
7月25日:テコンドー女子57kg級羅嘉翎選手 銅メダル
7月26日:アーチェリー男子団体 銀メダル
7月27日:卓球男女混合ダブルス林昀儒選手、鄭怡静選手 銅メダル・ウエイトリフティング女子59kg級郭婞淳選手 金メダル・ウエイトリフティング女子64kg級陳玟卉選手銅メダル