【東京オリンピック】アーチェリー男子団体で台湾チームが銀メダル

7月26日の東京オリンピック。

アーチェリー男子団体で湯智鈞選手、魏均珩選手、鄧宇成選手で構成された台湾チームが銀メダルを獲得しました。

アーチェリー男子でのメダル獲得は2004年アテネオリンピックでの団体銀メダル以来17年ぶりとなります。

これで台湾は3日連続でメダル獲得となりました。

台湾の獲得メダル
7月24日:柔道男子60kg級楊勇緯選手 銀メダル
7月25日:テコンドー女子57kg級羅嘉翎選手 銅メダル
7月26日:アーチェリー男子団体 銀メダル