日本からのアストラゼネカ製ワクチン97万回分が台湾に到着

本日7月15日午後、日本から台湾に供与されるアストラゼネカ製ワクチン第3弾97万回分が台湾に到着しました。

これで日本から台湾に供与されたワクチンは334万回分になります。

また同日台湾政府が自ら購入したアストラゼネカ製ワクチン56万回分、モデルナ製ワクチン35万回分も到着。

これまでに台湾が購入もしくは供与を受けたワクチンの総計は900万回分に達し、台湾国内でのワクチン接種は着々と進んでいます。

また、7月15日の台湾国内新規武漢肺炎感染者数は14人と、5月に感染爆発が起こって以来最小となっています。