日本提供のアストラゼネカ製新型コロナウイルスワクチン124万回分が台湾に到着

先月日本政府が台湾へ提供すると表明していたアストラゼネカ製新型コロナウイルスワクチン124万回分は本日無事台湾に到着しました。

今回の日本政府によるワクチン提供は、台湾大使にあたる謝長廷駐日代表を中心として、蔡英文総統、頼清徳副総統、吳釗燮外交部長等が日本の親台派議員らにワクチン提供を働きかけた努力の結果です。

政府が台湾へのワクチン提供を表明してから、中国政府がワクチンを政治利用すべきでないなどと横槍を入れてきましたが、気にすることなく前言を翻すことなく日本政府にしては非常に迅速に台湾へのワクチン提供が行われたのは喜ばしいことです。

表明からこれだけ迅速に台湾にワクチンが届けられたのは、安倍晋三前首相の尽力もあったと伝えられています。

中国が台湾へのワクチン提供に反対するのは、ワクチンが中国による統一戦線の道具になっているからです。

それまでほぼ完璧と言える防疫を行ってきた台湾でも、5月に入って感染の拡大が始まってしまいました。

中国はそれを機と見て中国製ワクチンを提供する用意があるなどと言い出しました。

本当に人道支援としてワクチンを提供すると言っているならば、日本からのワクチン提供に反対する理由はありません。

しかし、中国のワクチン提供申し入れは当然統一戦線つまり台湾の侵略計画とリンクしています。

中国製ワクチンの効果が低いことはよく知られていること。

効果がないワクチンを提供してさらなる感染拡大による社会の混乱を誘発させ、国民党が蔡英文政権を譴責して政権への求心力を低下させようといったところでしょう。

中国製ワクチンの提供は国民党との共同作戦として進められてきたものと思われます。

今回の感染拡大以前から、国民党は中国製ワクチン受け入れを政府に要求していました。

しかし、中国が台湾のワクチン購入を阻んでいるのは台湾では周知のことであり、中国以外のワクチン購入を邪魔しておきながら中国製ワクチンの提供を申し出る意図は誰が見ても明らかです。

今回の日本からのワクチン提供は、ワクチン購入を阻むことで台湾国内のワクチン摂取率を下げ、そこに中国製ワクチンを受け入れさせようという中共の計画に対する横槍となります。

自分たちのワクチンの政治利用に横槍を入れられたため、日本に対して政治利用はいかんなどと言い出したものと思われます。

なお、日本からのワクチンが台湾に到着したのは台湾時間午後2時40分。運んだのはJALの809便。

奇しくも今日は1989年に中国で発生した共産党軍による民主派虐殺事件・六四天安門事件の32周年。

その勃発時刻が午前2時40分だったということで、JL809の89、6月4日、2時40分が符合するということで日本政府の深謀遠慮があったなどという憶測も飛び交っています。

偶然というにはできすぎな符合だとはいえ、まあこれは偶然でしょう。