アメリカからの訪問団と蔡英文総統が接見

蔡英文総統は本日4月15日の台湾時間午前10時より、総統府にて昨日台湾に到着したアメリカからの訪問団と接見しました。

総統府を訪れたのは、バイデン大統領の特使として訪問団を率いるクリス・ドッド氏、ブッシュ大統領時代の国務副長官リチャード・アーミテージ氏、オバマ大統領時代の国務副長官ジェイムズ・スタインバーグ氏それとアメリカ大使館にあたる米国在台湾協会のコーディネーター計4名でした。

蔡総統は、まずバイデン大統領就任以降も継続される米台関係を確認するとともに、さらなる関係強化を希望し、中国が軍用機の領空侵犯など軍事的挑発を続ける状況で、バイデン大統領が台湾海峡の安全を引き続き重視していることに感謝の意を示しました。

一方、ドッド氏はまず花蓮でのタロコ号脱線事故で亡くなられた方へ哀悼の意を表し、自らは古くからの台湾の友人であると述べました。

ドッド氏は上院議員時代に台湾関係法の成立を推進しており、42年経った現在、台湾関係法はさらに重要になったことを強調するとともに、今後の台湾防衛の支援を約束しました。

また、アーミテージ氏はバイデン大統領が台湾に対するより強い支持を望んでいると伝え、スタインバーグ氏は、台湾が民主的な手法で防疫に成功したことに世界が注目しているとして台湾の民主主義の価値を称賛しました。

名目では非公式訪問となっていますが、バイデン大統領が台湾を見捨てるつもりはないという強いメッセージが国際社会に伝わったのではないかと思います。

なおこの模様はYoutubeやFacebookでライブ配信され、Youtubeではアーカイブ映像を見ることができます。


〔總統府提供〕