丸美屋の「あったか豆花」がちゃんと豆花

日本に入ってきた外国の文化、とりわけ食文化はだいたい日本人好みにいじくられることで劣化します。一部の頭悪い層はそれを「魔改造」などと称してなぜか称賛していますが、上辺をパクってニセモノを作る力に長けているだけです。

ここ数年日本では台湾グルメがブームとか言われています。でも、台湾で本物を食べたり飲んだりしてきた身からすればほとんどがニセモノで金返せとなるものばかり。台湾人が日本で開いている店は別として、日本で台湾のものとして売られているのはまあダメです。

それでも1割ぐらいは台湾の味に近づいているものもあります。例えばローソンのLチキ 台湾唐揚げ味なんかはちゃんと台湾の雞排に近い味がしました。なので、台湾グルメを再現したという触れ込みで売られているものはついつい買ってしまいます。




ファミマというか丸美屋の「あったか豆花」

昨日ファミマに行ったら「台湾式豆乳スイーツ あったか豆花」というのが売られていました。

ファミマはコンビニの中では台湾グルメを取り入れた商品を販売しだしたさきがけです。が、ほとんどの商品が「おまえら本当に台湾で本物食ったことあんのか」と問い詰めたくなるレベルで裏切られ続けたのでもうファミマの台湾○○は買わない!と決心していました。

今回あえて買ったのは記事のネタにするためです。

中身は豆乳のパックとスープ。

お湯を注いで混ぜるだけでできるようです。

まず豆花をあけ、

スープの顆粒を入れて、

お湯を注いでかきまぜればできあがり。

台湾でこういうきなこスープ的なものは見たことがないけれど、あったかい豆花は普通にあります。

台湾の伝統スイーツはかき氷を除いてホットを選べるものが多いです。

まず重要なのは豆花。

食べてみると、ちゃんと豆乳の味がして、食感も本物の豆花に近く、堂々と豆花を名乗ってもいい味になっています。カルディの豆花と称した白いカタマリとはまったく違います。

これはファミマというより製造している丸美屋のお手柄ですね。

237円という値段を考えるとお値段以上の味と言っていいでしょう。

ファミマ先行販売ということなので、そのうちスーパーなどでも買えるようになるはず。

付属の顆粒スープを使わず、小豆やピーナッツなどを甘く煮て豆花に乗っければより本物に近づくと思います。