今日は中元普渡

今日は農暦7月15日の中元節です。

三官大帝のうちの一柱、地官大帝の誕生日であり、その恩赦として地官大帝が統括する地府と地上を隔てる蓋が開いて亡者が地上に戻ってきます。

また、中国では仏教勢力が『盂蘭盆経』という偽経を作って施餓鬼を行う日としました。

台湾ではその双方が習合し、地上に出てくる亡者=好兄弟をもてなしてから救済する「中元普渡」の日となっています。

中元普渡の過ごし方

台湾では毎年中元普渡の時期になるとどうやって過ごせばいいのかというTipsが公開されます。

今年公開された記事がわかりやすかったので、新暦7月15日や8月15日というこれっぽっちも盂蘭盆会とは関係ない日をお盆だと言って何一つ疑問に思わない日本人には関係ないけど一応ご紹介します。


https://www.lifeaholic.tw/article49862/

まず拜拜する時間は今日のお昼過ぎから暗くなるまでの間。

拜拜のために鶏などの家禽、豚などの家畜、魚と、4種類の果物=三牲四果、それに霊界の通貨である紙銭を用意します。

家の前の道路にテーブルを置き、三牲四果とお菓子、線香を挿した米筒、燭台などを設置します。

伝統的には紙銭を燃やし、線香を立てて拜拜するわけですが、ここが台湾らしさというか、紙銭を燃やしたり線香を焚くことによる空気汚染のリスクについても触れられていて、オンライン普渡や紙銭を買うぶんのお金を寄付して功徳とすることで代替するなどの案も出されています。