今日から鬼月

台湾では農暦7月の1ヶ月間は「鬼月」と呼ばれます。

台湾でも広く信仰されている道教では、それぞれの神様に誕生日が設定されており、その誕生日ごとにお祭りが行われます。

農暦7月15日は中元二品七炁赦罪地官洞靈清虚大帝青靈帝君の誕生日=中元節です。日本ではお世話になった人に贈り物をする「お中元」という、原典とこれっぽっちも関係がないものに捻じ曲げられています。

地官大帝は三官大帝の一柱で、地府つまり死後の地下世界を統括する役職を持ち、赦罪の属性を持ちます。

中元節には地府と地上を隔てる蓋が開き、地官大帝の恩赦によって亡者が地上に戻ってくるとされています。

農暦7月15日はまた盂蘭盆会でもあります。盂蘭盆会は、中国で創作された偽経『盂蘭盆経』が根拠とされており、日本では「お盆」と呼ばれています。

盂蘭盆会は、釈迦の十大弟子の一人である目連尊者=モッガラーナ尊者が、亡くなった母親が餓鬼道に堕ちていることを知り、修行僧にお布施をすることで母親を餓鬼道から救うというストーリー。

これにより死者の冥福を祈る行事となりました。

日本ではなぜか墓参りをして先祖の霊を迎える日となっています。おそらく日本人は先祖は地獄にいると思っているのでしょう。もっとも、農暦7月15日とはまったく関係がない西暦の7月15日や8月15日にやったところで地獄の蓋は開かないので無駄なことです。ただ、8月15日が農暦7月15日に重なる年はたまにあります。そういう年にやればワンチャン地獄から先祖の霊を迎えられるかもしれません。

日本で盂蘭盆会が先祖の霊を迎える日になっているというのは一応元ネタがあるようです。

中国の一部地域には、中元節や盂蘭盆会とはまた別の土着信仰として、農暦7月に先祖が墓から帰ってくるので迎え入れるという風習があるとか。そういう地域の土着信仰が仏教とともに日本に伝わって現在のような形になったのだと思われます。

中国では一般的に人が死ぬと霊と肉体に分かれると考えます。肉体から抜け出た魂を収めるためにあるのが位牌です。そして肉体のほうは墓に納めます。古代には子孫が死者への祭祀を怠らなければいずれまた魂と肉体が結びついて復活するという信仰がありました。そうした信仰から発生したのが儒教です。今日日本の仏教でまるで位牌を仏具のようにして遺族に売りつけているのも、中国の仏教が儒教から先祖祭祀をパクったからです。

しかし、死者の魂は位牌におさめられているわけですから、どこかから迎えたりする必要はありません。

墓のほうに魂がいて、それが時期によって家に帰ってくるというのは、だから儒教や儒教の元となった信仰とは別の土着信仰です。

日本人はとある中国の土着信仰の影響で始まった習慣を伝統のつもりで受け継いでいるわけですが、伝統を守ると言いつつ新暦のまったく関係ない日に行うことに無頓着なのは、しょせんその典故となっている信仰などはどうでもよく、ただ思考停止したルーチンワークとして行っているからでしょう。

台湾では中元節と盂蘭盆会が習合し、地府から地上に戻った亡者=好兄弟を廻向するための法要が行われる中元普渡の日となっています。

地府の蓋が開くのは農暦7月15日のはずですが、台湾では農暦7月に入ると好兄弟が地上に来始めると考え、7月いっぱいは地上にいると考えて「鬼月」と呼びます。

鬼というのは霊のこと。日本語の角が生えた「オニ」の意味は一切ありません。

街角には好兄弟に食べ物を備える祭壇が設えられ、軽々しく「鬼」と口にしてはいけない(そのため好兄弟と呼ばれる)、夜に服を外に干してはいけないなどのいろいろな禁忌があります。

もちろん台湾人は先祖が地獄に堕ちているなどとは考えないので、墓参りはしません。墓参りをするのは清明節です。