宗像隆幸先生逝去

昨7月6日、台湾独立運動の重鎮・宗像隆幸先生が逝去されました。

宗像先生はいわば王育徳先生の弟子とも言える人物で、王先生がつくった台湾青年社に参加。1960年代より台湾独立運動に関わってこられた非常に重要な人物です。

1960年代にも、今で言うネトウヨのような連中が存在し、浅い単純な脳で単に共産中国への対抗軸として蒋介石を支持するという知能が低いことをしていました。

蒋介石が、日本時代に築き上げられた様々な財産を独り占めするために、日本に対して賠償請求を放棄したことに対し、その真意を理解できずに感謝していたバカもいました。

そんな時代にあって、宗像先生は蒋介石政権の白色テロに蹂躙される台湾の実情を理解し、台湾人のために中華民国による占領状態を打破して台湾を独立に導くために尽力された稀有な日本人です。

また、彭明敏先生の台湾脱出を成功させたキーパーソンの一人でもあります。

まず日本の都合を先に挙げて、そこから台湾独立を支持しているような半端な連中とは異なり、台湾人のためを第一に考えて台湾独立運動に尽力されてきたのが宗像先生です。

宗像先生は1936年生まれ。享年84歳。衷心よりお悔やみ申し上げます。

これほど重大な人物の訃報が、日本では報じられていません。私はFacebookで流れてきた情報から知りました。そのへんのところが本当にどうしようもないと思います。