激辛チャレンジ店「大王麻辣」に行ってきた

最近は減ってきているけれど、ちょっと前まで台湾のYouTuberの間でやたらはやっていた企画があります。

それが、信義の大王麻辣で行なっている「超級辣麻辣乾麺チャレンジ」への挑戦です。

これはとにかくクッソ辛い麻辣乾麺を食べに行くというもの。

辛いもの好きが挑戦に行くものの、誰も成功できないので、YouTuberの挑戦もだんだん減っています。私が知る限りでは、成功した動画は一つだけです。

台湾人だけではなく、韓国人やアメリカ人なども挑戦していてみんな失敗しています。

大王麻辣までの行き方

11月27日、その「大王麻辣」に行ってきました。

最初に言っておくと挑戦はしていません。私は辛いものは好きだけれど、おいしく食べられるほどよい辛さが好きです。

まずMRT淡水信義線の台北101/世貿駅で下車。台北101とは反対の2番出口から地上に出ます。

駅前のバスケットコートの角を南に曲がり、公園の前から南西方面に言って吳興街に。

吳興街に入ったら今度は道なりに南東方面に進みます。

カしーの店の前を通って吳興商圏の方向へ。

吳興商圏の手前の左側にエーエーカルツウムの店があります。

その前に全聯スーパーがあります。

吳興商圏の手前で右に曲がると全聯の入り口です。

YouTuberの中では、超級辣麻辣乾麺の辛さを紛らわせるのは牛乳がいいというのが定番になっており、ここで牛乳を買うシーンも多く見られます。

その需要に応えるためか、店内にはやたらいっぱい牛乳が置かれていました。

全聯の前をちょっと行くと左側に大王麻辣があります。

全聯は店のすぐそば。

開店時間の11時に入りました。

かなりうまい麻辣乾麺

You Tubeで一気に有名になった店ですが、それほど広くはありません。

壁に超級辣チャレンジの要項が貼ってあります。

1.当店「超級辣麻辣乾麺」は多種唐辛子を練って濃縮した後に精製して作っています。

2.当店の重辣を食べたことがある人だけが超級辣に挑戦できます。重辣と超級辣は同じ日に食べないでください。

3.一碗の分量は一人だけが食べられます。制限時間は30分。辣油も含む器の中の全てのものを残さず食べたときが達成です。代金は無料となり、さらに500元の賞金をお支払いします。失敗のときは500元お支払いください。

4.どんな飲料を飲んでもかまいません。しかし、器の中には何も混ぜてはいけません。もし発見したときは失敗とみなします。

5.もし挑戦の途中、もしくは成功後5分以内に吐いたときは失敗とみなします。

6.挑戦しないと申し出れば持ち帰りもできます。小350元、大500元です。

7.いかなる挑戦者、もしくは超級辣を購入した人が食後に身体に不調をきたしても当店とは関わりがありません。

反対側の壁には成功者の写真。

2019年11月27日時点で成功者は84人でした。

辛さの目安。

軽軽辣:子供でも食べられる辛さ
軽辣:普段辛いものを食べている人に
中辣:他の店でいつも激辛を食べる人に
重辣:他店で何を食べても辛いと感じない人に
超級辣:命を惜しまない人に

菜單。

今回は麻辣乾麺の中辣、麻辣抄手の軽軽辣、それと花枝丸湯を注文。

最初に来たのは花枝丸湯。タトゥーを入れた店員のお兄ちゃんが熱いから気をつけてと声をかけてくれました。

台湾ではタトゥーは普通のファッションで、日本のようにタトゥーを入れていても差別されるようなことはありません。

逆に言うと、日本でタトゥー入れてイキってるバカも台湾に行けばはぁそれがなにか?って感じです。

花枝はコウイカのこと。台湾でのイカの分類は↓でも読んでください。

台湾のイカの分類がめんどくさい

花枝丸は身がぎゅっとつまっていて、ぶりっぶりの歯ごたえで、すり身にしていないイカの身も混じっており、イカのうまみが凝縮されていてかなりおいしいです。

スープもしっかりだしが効いています。

次に麻辣乾麺が来ました。壁には特製太麺を使っているので茹でるのに時間がかかるから我慢して待ってくださいという張り紙があります。

肉味噌をしっかり混ぜて食べます。

麺がもっちもちで、それが肉味噌とベストマッチでかなりおいしい!

実は激辛チャレンジの店ということで、もしかして味がおいしくなくて客が来ないから、話題性のあるチャレンジで客を集めているのかなという危惧をもっていました。

でもそれは杞憂にすぎませんでしたね。

ほんとうにおいしい。今まで食べてきた台湾の乾麺の中でもトップクラスと言っていいでしょう。

日本でこのレベルの乾麺を食べるのは不可能です。

辛さは日本のネパール人がやっているインドカレーの店の辛さで言うなら5段階のうち4番目の「辛口」ぐらいのレベル。

私がいつも食べているぐらいの辛さなのでちょうどよかったです。

辛いのが苦手な人は軽辣にしておいたほうが無難でしょうね。

そして、軽軽辣の麻辣抄手。抄手っていうのは四川でのワンタンの呼び名です。

麻辣乾麺の辛さを警戒して軽軽辣にしておいたけれど、軽辣でもよかったかも。

これも餡がぎゅっと詰まっていておいしい。

この店かなりレベルが高いです。

挑戦者現る

開店直後ということもあり、今日は挑戦する人はいないかなと思っていたところ、隣のテーブルに座っていた体格のいい兄さんがチャレンジを始めました。

YouTuberではなく純粋にチャレンジしに来たようです。

この赤さ!

上の普通のやつの色と比べると、見た目だけでもヤバいのがわかります。

3口ぐらいは一気に食べていた彼。

ところが動きがピタッと止まり、徐々に麺を口に入れる速度が遅くなります。

5口目ぐらいからは、意志は食べようとしていても、体が拒絶する感じでなかなか食べ進められないようです。

10口ぐらい食べると汗が垂れてくるのかヘアバンド。

そして、上着を脱ぎました。ワールドインユニオンでした。

ラグビーのワールドカップを日本で観戦したのかもしれません。

体格からして彼もラガーマンかも。

彼の挑戦を見届けたかったけれど、昼時ということもあり、食べ終わって居座るのはお店に悪いと思って会計して帰りました。

成功を願いますがあの様子だと無理だったでしょうね。

大王麻辣はとてもおいしい店でした。チャレンジとか抜きにお勧めです。