雙十節は台湾とは何の関係もない

本日10月10日は1911年10月10日の武昌起義に因んだ中華民国の国慶節です。

この日になると決まって無知な連中が「台湾の建国記念日」などと言い出すわけですが、これは台湾と一切関係がない日です。

武昌起義の実際のところ

清朝末期、孫文を中心とした反清革命組織が中国各地に作られました。そのうち武昌にあった文学社、共進会という2つの組織が武装蜂起を画策、ところが共進会の主席・孫武の義兄が爆弾のそばでタバコを吸って印加し、暴発するといういかにも中国人がやりそうな事故が発生。

孫武は入院し、その病院職員に通報され蜂起の計画がバレたため、数十人の革命派が逮捕の後斬首されました。

追い詰められた革命派のうち数人がヤケクソで反乱を起こし、清軍の陸軍部隊長陶啟勝を殺害、武装蜂起というよりは、なし崩し的に革命派がノリで攻撃を開始し、しかし勢いで勝ってしまって武昌を占領、その翌日の10月11日に革命軍は独立を宣言。

その後革命軍に同調して反乱が起こり、わりと弱かった清軍は連戦連敗してどうにもならず、革命派は中華民国を建国しました。

これがいわゆる辛亥革命で、アホがやらかした爆発事故から発生した反乱が勢いでうまくいってしまったというだけの話。「起義」「革命」なんてご立派なものではありません。

辛亥革命を孫文が起こしたものだと思ってる連中ももうちょっと歴史を勉強したほうがいい。

孫文はこのとき金集めのためにアメリカにいて、新聞でこのことを知って「うそーん」となりましたが、中国に戻ったのは12月になってから。

孫文帰ってきたし有名だから大統領にしとけって感じで中華民国初代大統領に据えられました。

というのが中華民国国慶節。

ほら、台湾とは何一つ関係ない。

ちなみに孫文が中華民国の成立を正式に宣言したのは翌年の1月1日で、つまり10月10日は建国記念日ではありません。ここのところの歴史を知らず、雙十節=建国記念日とか言ってるのは私なんも知らずに知ったかぶりで言ってますと宣言しているようなものです。

なぜ台湾で「雙十節」が行われるか

では本来台湾とはなんの関係もない雙十節がなんで台湾で祝賀されるかといえば、中華民国が台湾を占領しているからです。

1945年、連合国は日本から台湾を接収、その統治を蒋介石に委任しました。ところが蒋介石はバカなので委任の意味がわからず台湾を中華民国の領土に組み込み台湾省とします。

1949年、毛沢東に負けた蒋介石は台湾に逃亡。中華民国が滅び、中華人民共和国が成立しました。ちなみに中華人民共和国の国慶節10月1日は毛沢東が建国宣言をした日なので建国記念日でもあります。

1947年の228事件で台湾人を大量虐殺した中華民国は、蒋介石が移って来てからはさらに台湾人への抑圧を強め、白色テロによって恐怖政治を行います。

台湾人が「日本のほうがまだマシだったわ」と思ってしまうのも無理はないところ。この「まだマシ」という部分をちゃんと理解しないでいるとバカなネトウヨのように「日本が台湾を発展させてやった」などと口走ることになります。

台湾が抱えた最も大きい問題は、李登輝先生による奇跡の民主化を果たしてもなお、中華民国による占領状態を解消できないでいることです。

陳水扁、蔡英文両者も民進党出身でありながらも雙十節の記念式典を開かざるを得ないというねじれこそが台湾の問題で、これを解消できないからこそ中国は「国共内戦」の文脈上から統一戦線を展開し、台湾侵略を進めることができています。

台湾が中華民国というすでに滅びたゾンビ国家を放棄して台湾国として独立を果たせば「一つの中国」などという問題はなくなります。

「日華親善」という時代錯誤

今回台北で行われる雙十節記念式典に日本から「日華議員懇談会」が訪問し、参加します。

日華議員懇談会は、1973年に日本と中華民国の国交が断交された折、中華人民共和国ではなく中華民国との連携を強化すべく組織された超党派議員連盟で、要するに反共という立場で作られたもの。

この議員連盟が台湾との政治的なパイプを繋ぎ続けてきたという功績はあるものの、しかし現今時代錯誤なものであると言わざるを得ません。

上記の通り中華民国は台湾を占領支配する国であり、雙十節は台湾とは何の関係もありません。台湾独立の観点から見れば、日本の議員は中華民国体制の存続を是とするのかということになります。

しかしまあ「日華親善」という立場ならば雙十節式典に参加するのもまだ理解できます。

もっと理解できないのが、衛藤征士郎の一般社団法人日本台湾親善協会が民間人を連れて参加するということ。

衛藤征士郎は一応親台政治家として知られ、李登輝先生とも交流があったりしますが、著書などを読むとどうもちゃんとここに書いた中華民国と台湾との関係を理解していないズレたところを感じる人物で、だからこそ台湾親善といいながらも雙十節に参加しちゃったりするんでしょう。

何度でも言うが台湾独立とは中華民国からの脱却

いまだに台湾独立を中華人民共和国からの独立だと思ってる日本人が多いことに呆れ果てます。おまえらは台湾が中国の領土だと思っているのかと。

中華人民共和国が成立した1949年以来、台湾が中華人民共和国の領土になったことは1秒としてありません。

中国の領土でもないのに台湾が中国から独立する必要はない。こんな簡単なロジックを理解できないということは、単なるバカなのか台湾が中国の領土だと思ってるバカなのかどっちかです。

台湾独立とは、民主化した今なお台湾を統治下に置く中華民国体制から脱却することです。

中国が中華民国の領土だと規定する中華民国憲法を放棄して、台湾が「一つの中国」原則に含まれない国であると明確に示すことこそが台湾独立の意味することです。

そうすれば、中華民国と国交を結んだ国と国交を結び、中華民国と断交させて国際的に孤立させていくという中国の戦略も無効になります。

柯文哲台北市長が、「友中親米」というコウモリ路線を掲げて台湾民衆党を結成し、蔡英文総統は親米に偏りすぎていると批判していますが、中国と台湾の軍事バランスが逆転し、中国優位となっている現在、台湾が真の意味で独立を果たすためにはアメリカの後ろ盾は不可欠であり、中国との対立姿勢を鮮明にしたトランプ大統領政権下でこそ台湾独立実現の可能性は高まります。

「友中親米」という中途半端な立場は、武力に依らない中国の台湾浸透を進めるだけに過ぎません。