今日は中元節

例年なら、いわゆる「お盆」とは何一つ関係ない8月15日を「お盆の中日」などと言って墓参りに行く日本人をバカにするところですが、今年は偶然8月15日と、本来のお盆の中日である農暦7月15日が重なりました。

まあ、といっても中国ででっち上げられた「盂蘭盆経」という偽経によってつくられた行事を何の疑問も持たず日本の伝統とか思ってることに関してはバカにするんですけどね。

中元節と盂蘭盆会

古代の中国において、農暦7月15日は、秋の豊作を神様に願うお祭りでした。

それが道教が成立していく過程で道教のお祭りとして取り込まれ、中元地官大帝の誕生日という設定が出来ました。

中元地官大帝は地府を統括し、赦罪を司る神様です。その誕生日である農暦7月15日には恩赦として地獄の蓋が開かれ、亡者が地上に戻ることができます。

一方、盂蘭盆会は中国で儒教の孝道をもとに作られた偽経『盂蘭盆経』により誕生しました。

『盂蘭盆経』の主人公はお釈迦様の弟子の目連(モッガラーナ)尊者です。

目連尊者は修行により神通力を得ました。そこで、父母の恩に報いようと神通力を用いると、お母さんが餓鬼道に堕ちていることが分かりました。

目連尊者は、お母さんを餓鬼道から救ってほしいとお釈迦様に願い出ます。するとお釈迦様は、おまえの母の罪は重いので、十方の僧侶が7月15日に食べ物を供えて法要を行わなければならないと教えます。

目連尊者はそれに従い、お母さんは解脱することができました。

とさ。


彰化南天宮のアトラクション「目連救母」

その後中国では、“生きている”父母に孝養を尽くし、亡者に食べ物を施し、魂を済度する行事となりました。

日本にも伝わった盂蘭盆会はなぜか墓参りの日になりました。自分の親や先祖が餓鬼道に堕ちていると思ってるのかな?

ちなみにうちの先祖の墓がある栃木県北東部では、墓参りに行って備えたものをその場でいただくと脳病みしないという妄言が流布しています。墓参りに行くたびに家族で備えたものを食べていたけれど、父は脳梗塞になりました。くだらないまじないより日常の節制や運動のほうが大切です。

中元節は道教が伝わらなかった日本では「お中元」という1ミリも中元節と関係ないどうでもいい風習になりました。

台湾には、中元節と盂蘭盆会が習合した形で伝わり、中元普渡となりました。

街には地官大帝の恩赦によって、地獄の亡者「好兄弟」が現れるので、祭壇を設え、食べ物を置いて供養します。そして、仏教側が法要を行い、好兄弟が地獄から救われるように祈願します。

もちろん自分の親や先祖が地獄や餓鬼道に堕ちているなんて不敬なことは考えないので墓参りには行きません。墓参りに行くのは常識的に考えて清明節です。