花蓮でマグニチュード6.1最大震度7の地震発生

本日4月18日の現地時間午後1時1分、台湾東部花蓮を震源地とするマグニチュード6.1、最大震度7の地震が発生しました。

花蓮と蘇澳を結ぶ蘇花沿線道路では、岩山が崩れて落石が相次ぎ、台鉄花蓮駅では水道管が破裂して漏水が発生しているとのこと。

台北では長安東路のビルが傾いて、師範大学の壁が崩れたなどと伝えられています。

SNSでは台北の道路に亀裂が入ったという情報が、地面が裂けた画像つきで流れたものの、台北市はフェイクニュースだとして否定しています。

日本時間17時現在死傷者については不明。

地震発生と同時に運行停止していた桃園MRTは、現在運転を再開しています。