擔仔麵と担担面を混同すんな

世の中には認識力というか判別力というかがとても低いやつがいて、例えばある犯罪者と同じ名前どころか似た名前だというだけでもキチガイのターゲットになって糾弾されるので頭痛い。

昔からたまによく見るのが台湾の擔仔麵と中国の担担面を混同して、擔仔麵のことを担々麺だと言い出すアホです。

擔仔麵と担担面は、ちょっと似ているところもあるけれどまったく違う料理。センザンコウとアルマジロとか、モモンガとフクロモモンガよりも違いが大きいものだから混同すんな。

担担面は中国生まれの料理

日本では最近「汁なし担々麺」というのがはやっているけどあれイラッとするんですよね。

本来担々麺っていうのは汁なしの乾麺で、それをわざわざ「汁なし」とするのは、日本でインチキな「汁あり」の担々麺が広まったせいです。

陳建民というのは四川料理を日本人に受け入れられるような形にしたという点では天才料理人だったと思います。

でもそのせいでインチキなものが広まってしまいました。

本物の麻婆豆腐も回鍋肉も「四川風」などとつけられるはめになりました。麻婆豆腐も回鍋肉も四川料理なのに、なぜ本物のほうが「四川風」などと亜流のような扱いを受けなければいけないのか。

担々麺はその名の通り、天秤棒で道具を担いで売り歩いた料理です。そのためスープを使わない乾麺として開発されました。

本当なら日本で担々麺と言われているもののほうが亜流の「汁あり担々麺」と呼ばれるべきものです。

そういや関係ないけど陳建民さんのお孫さん、つまり陳建一さんの息子さんと偶然台北で会ったことあるけど礼儀正しい好青年でしたね。

擔仔麵は台湾生まれの料理

一方擔仔麵は台南の漁師・洪芋頭さんが考案した料理です。

洪さんは漁師だったけれど、台風が近づくと漁に出られず生計が立たない。そこで水仙宮廟の前まで道具をかついで行き、そこで売っていたのが擔仔麵です。

ただし、担々麺とは違っておそらく廟の前の定位置で売っていたのでしょう。こちらにはスープが入ります。器がご飯茶碗程度の大きさなのは担いで売りに行くための工夫なんだと思われます。

四川料理で辛い担々麺とは違い、擔仔麵は辛くありません。

共通点は創始者が道具を担いでいたということ、あと肉そぼろが乗っかるところ、移動するため小さなお椀で売るというところです。

まったく違う場所で偶然似た状況だったことで生まれた収斂進化みたいな2つの料理で、これを同じ扱いするほうがおかしい。

見た目からしてまったく違う

これは台南の赤崁楼の横で食べた正真正銘台南の擔仔麵。

で、これが台北の擔擔麺専門店で食べた担々麺。

戦後に敗残国府軍とともに台湾にもたらされたもので、肉そぼろが乗っていなかったり川冬菜を使っていないなど、四川で食べられている担々麺とはちょっと違うけれど乾麺である伝統は受け継いでいます。

蒋介石は日本軍に南京から追い出された後に四川にいたから、国府軍にも四川の人多かったんですよね。

底にたれが入っているのでしっかり絡めて食べます。見た目辛そうじゃないけどクソ辛くておいしいです。

見た目からして全く違うじゃん!

この2つ混同するとかいろいろ大丈夫かよ、頭とか。