今日は重陽節

今日は農暦9月9日の重陽節です。9は陽数の最大数なので重陽節と言います。

9は久と音が通じるということで久久。お年寄りの長寿を願う敬老の日でもあります。

伝説では東漢の時代、今の河南省にあったという汝南という地方で疫病が発生しました。疫病で両親を亡くした桓景という人物が、『後漢書』にもその名が記される費長房という仙人に師事し、仙術を得ると、9月9日にまた瘟神が来るゆえ邪を払ってくるようにと師匠に言われます。

桓景は故郷に戻ると人々を山に登らせ、費長房から与えられた茱萸の葉を身に着けさせ、菊花酒を飲ませました。やってきた瘟神はそのために近づくことができません。桓景は、師から授かった降妖青龍剣で瘟神を切り伏せました。

ということで、重陽節には「登高」といって高いところに登ったり、菊花酒を飲んだりします。

また、お墓参りに行くこともあるようです。これは初夏の清明節と対になっていると思われます。冬に入る前の重陽節にお墓参りとともにお墓の掃除をして、冬があけたら清明節にお参りと掃除をするということなのでしょう。

これは他の節句と同様中国で生まれたもので、移民とともに台湾にももたらされました。菊を愛でる「賞菊」といういわば秋のお花見するようです。

日本でも菊の節句とか言ったりするのはそのパクリです。