台湾高速鉄路台中駅←→台湾鉄路台中駅の移動のしかた

日本では「台湾新幹線」とも呼ばれることもある台湾高速鉄路も開業から11年を過ぎ、すっかり台湾に根付いています。利用したことがある日本人もかなり多いのではないでしょうか?高速鉄路は若干お高いけれど日本円で考えればそれほど高すぎず、台湾西側なら中部、南部への移動も容易になってその気になれば台北-高雄の日帰り旅行も可能です。ただ、困りものなのが高速鉄路の駅と街の中心部がだいたい離れているということ。

高速鉄路台中駅→在来線台中駅

駅によっては例えば桃園のようにそもそも高速鉄路の桃園駅と在来線の桃園駅が直接つながっていないなんていう場合もあります。その点台中はだいぶましと言っていいでしょう。

高速鉄路の台中駅についたら、まず3番出口を探します。

駅のあちこちに大きく案内板が出ています。

案内板に従っていくと丸亀製麺が見えてきます(2018年10月現在。店が変わる可能性もあり)。そこを右に曲がります。

駅間の連絡通路になっています。

連絡通路を渡ってからさらに右に曲がると改札が見えてきます。ここは在来線の台中駅ではなく「新烏日」駅です。在来線の台中駅まではここからさらに電車で移動します。

きっぷがない人は左に見える券売機で買ってください。

在来線の台中駅は新烏日駅より北にありますので「北上」のほうの電車に乗ります。

北上の電車は2番ホームです。

新烏日駅のホーム。

奥に見える屋根が高速鉄路のほうのホームです。こうしてみるとけっこう離れています。

在来線台中駅は、新烏日から3つ目。10分ほどで到着します。

在来線台中駅→高速鉄路台中駅

帰りは逆をたどればいいじゃないと思ったけど、考えてみたら台湾鉄路や高速バスなどを利用して台中に行き、そこから高速鉄路の駅を目指す人もいるかもしれないので、在来線の台中駅から高速鉄路の台中駅への行き方も書いておきます。

台湾鉄路の台中駅。

ここから南下する電車に乗って新烏日に向かいます。気をつけなければいけないのは、台中駅はターミナル駅なので特急にあたる自強號や急行にあたる莒光號も止まるということ。

新烏日には自強號や莒光號は止まらないので、必ず各駅停車の「區間車」に乗ってください。

台中から3駅で新烏日に到着します。

階段を登って改札を通ります。新烏日駅の改札は一つだけなので迷うことはありません。

改札を抜けたらそのまままっすぐ進みます。

すると左側に高速鉄路の台中駅への連絡通路が見えます。