台南のソフトクリームショップ「蜷尾家甘味处」が日本進出

ここ最近台湾のティースタンドやスイーツショップの日本進出が相次いでいます。今度は台南の人気ソフトクリームショップ「蜷尾家甘味处」が東京・三軒茶屋に海外1号店を開店することになりました。

日本っぽいけど台南のソフトクリーム屋さん

「蜷尾家甘味处」は2012年に台南に開店したソフトクリーム専門店。ソフトクリームのまきまきを蜷、ソフトクリームの先っぽの部分を尾として蜷尾ってしたら日本人の名前っぽくねってことで和風テイストのお店になったとか。お店の外観だけ見たら日本の企業が台湾に進出したものだと勘違いする人もいるかもしれません。他では食べられないようなオリジナルソフトクリームを多数打ち出しており、ソフトクリームの他にはビスケットサンドアイスなども売っているようですよ。

台南では行列ができる人気店。現在台南に2店を構え、台北に進出するまえに東京に進出ってなんでやねん。マッシュセールスラボという三井アウトレットパークを中心にジェラートショップなどを展開している企業が独占契約を結んだそうです。

マッシュセールスラボに望むのは余計な口出しすんなってこと。

だいたい日本に進出したっていっても、日本に来ると日本側がクソ余計な口出しして余計なもの売らせるんですよね、豆花専門店の騒豆花に魯肉飯だの牛肉麺置かせたり、ドリンクスタンドのTP TEAにサラダ麻辣湯なんて意味不明なもの置かせたのもそれぞれの日本側の余計な介入だと思うのですよ。その店上野の黒工号はそういう部分感じなくて好感をもてます。

蜷尾家甘味处東京店は10月11日(木)12時にオープン。場所は東京都世田谷区三軒茶屋1-33-15。googleマップで見たら三茶の駅のすぐそばですね。

行列大嫌いだから私は落ち着いたころに行こうと思います。