台湾人はハマグリとアサリの区別がついていない

意外と日本では注目されていないと思うんですけど、台湾は「スープ天国」でもあります。ちょっとした食堂でもスープの種類が3種類4種類あるのはあたりまえです。台湾の食堂で注文するときは、汁麺以外では主食+おかず+スープというパターンをとる人が多いです。例えば魯肉飯+燙青菜+なんかスープとか、餃子+燙青菜+酸辣湯とか。私も自然そういう組み合わせで食べるようになり、いろんなスープを味わいました。

台湾人が大好きな蛤仔湯

台湾にもともとあったスープ、戦後に中国人が伝えたスープ、いろいろある中で台湾人が一番すきなんじゃないかと思うのがハマグリのスープ「蛤仔湯=ハマートゥン」です。

ハマグリが入ったすまし汁。ハマグリ自体から出ただしでとてもおいしくて、ハマグリもたっぷりはいっています。ただ、店によるけどこれあさりだよねっていうのもいっぱいあります。どうも台湾人はハマグリもアサリもいっしょくたに「蛤仔(ハマー)」と呼んでいるらしいのですよ。

ちなみに「蛤仔」は台湾語。日本語のハマグリから来ているみたいなこと言う人もいるけど、私は単に偶然似てるだけだと思っています。中国語だと「蛤蜊」。お店によっては「蛤蜊湯」となっています。

他に蚌という表記もあります。

これは赤峰小吃舖の薑絲蚌麵=針生姜とハマグリの麺。ハマグリ入りスープ麺は私の行ったことがある範囲内だけで言えばここだけです。

いろんなお店で蛤仔湯を飲んだ中で一番ハマグリ(もしくはアサリ)の味が濃くて美味しかったのが、六條通にある「程家」の蛤仔湯。程家はいろいろうまいのでよく行っていました。

ただ程家の魯肉飯はさほどうまくないので主食には油飯か控肉飯がおすすめ。