ジャカルタアジア大会 台湾チームがドラゴンボートレースで雪辱

インドネシア・ジャカルタで開催中のアジア大会9日目、台湾はさらにメダルの数を伸ばしています。まず昨日夜、重量上げ女子69kgで洪萬庭選手が銀メダル。ボウリング男子6人チームで女子チームに続き銅メダルを獲得しました。

美人空手選手文姿云さんがアジア大会2連覇

空手の女子組手55kgでは文姿云選手が2大会連続の金メダルに輝いています。「文姿云」でイメ検したらすごい美人ですよ。

ドラゴンボートレースでは、昨日の200mで中国に敗れ惜しくも銀メダルだった台湾チームは、本日の500mレースで雪辱を果たし、金メダルを手にしました。

そして、今大会で初めて正式種目に採用されたトランプのブリッジの混合団体戦に出場した台湾チームは、インドネシアチームと同列銅メダルとなりました。

昨日から今日にかけ、金2つを含む4つのメダルを増やし、金メダル8、銀メダル11、銅メダル14、メダル総数は33です。

なぜトランプゲームであるブリッジがスポーツ大会の種目に?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、このようなテーブルゲームも頭脳スポーツあるいはマインドスポーツとして国際的なスポーツ大会、オリンピックなどの種目として採用してもらおうという動きはいろいろあって、例えば囲碁、チェスなども正式採用を目指しています。日本の囲碁団体・日本棋院は東京オリンピックでの囲碁の採用を働きかけていたようです。

実際、2010年に中国で行われたアジア大会では囲碁が正式種目になっていました。

こうしたマインドスポーツがすばらしいのは、高齢者でも参加できるということ。ブリッジ日本代表は59歳と58歳のご夫婦だし、フィリピン代表のヤン選手は大会最高齢の85歳でいらっしゃいます。

○金メダル
1.エアライフル混合団体:林穎欣選手・呂紹全選手

2.クレー射撃男子トラップ:楊昆弼選手

3.テコンドー女子53kg:蘇柏亜選手

4.体操男子種目別 鞍馬:李智凱選手

5.重量挙げ 女子58kg:郭婞淳選手

6.体操男子種目別 鉄棒:唐嘉鴻選手

7.空手 女子組手55kg:文姿云選手

8.ドラゴンボートレース(カヌー・スプリント トラディショナルボート)男子500m

○銀メダル
1.マウンテンバイク・ダウンヒル男子:江勝山選手

2.クレー射撃混合団体トラップ:楊昆弼選手・林怡君選手

3.ボウリング女子トリオ:周佳溱選手、潘育分選手、蔡昕宜選手

4.ボート女子シングルスカル:陳瑋涵選手

5.カヌー女子スラローム カナディアンシングル:陳瑋涵

6.体操男子種目別 床:唐嘉鴻選手

7.ソフトボール

8.テニス女子ダブルス:詹詠然選手、詹皓晴選手

9.空手 男子型個人:王翌達選手

10.ドラゴンボートレース(カヌー・スプリント トラディショナルボート)男子200m

11.重量挙げ 女子69kg:洪萬庭選手

○銅メダル
1.武術 男子長拳:蔡澤民選手

2.テコンドー 型競技 男子個人:陳靖選手

3.テコンドー 型競技 女子団体:陳以瑄選手、陳湘婷選手、林侃諭選手

4.男子10メートルエアライフル:呂紹全選手

5.カヌー女子スラローム カヤックシングル:張筑涵選手

6.テコンドー男子63kg:何嘉欣選手

7.テニス女子シングルス:梁恩碩選手

8.散打 女子52kg:陳暐婷選手

9.体操男子種目別 吊り輪:陳智郁選手

10.カバディ女子

11.バドミントン男子団体

12.ボウリング女子6人チーム

13.ボウリング男子6人チーム

14.ブリッジ 混合団体戦