今日は中元節

今日は鬼月の中日となる中元節です。農暦7月15日の中元節は三官大帝のうち中元地官清虚大帝の誕生日であり、その恩赦として地獄の亡者が地上に戻る日となっています。また、後の世にでっち上げられた盂蘭盆経による盂蘭盆会が習合しており、地上に戻ってきた亡者を天に送る普渡法会が行われます。そのため「中元普渡」とも呼ばれます。

台湾でも中国でも、天地の神祇と関わるこうした伝統行事を、太陽暦の日付に移してしまうという無作法なことは行いません。ましてやまったく関係ない太陽暦の8月15日をお盆と言ったりすることはありえません。太陽暦の8月15日は、仮に農暦の7月15日と重なることがあったとしても、中元節とも盂蘭盆会とも何の関係もない日です。

中元地官大帝


松山奉天宮 玉皇大帝と三官大帝

地官大帝は東嶽大帝、南嶽大帝、西嶽大帝、北嶽大帝、中嶽大帝からなる五嶽大帝を統率する神様です。五行説からすれば中嶽大帝が主座となるところ、なぜか東嶽大帝が主座となっています。簡単に言うと、東嶽大帝が戦隊レッドで地官大帝が司令官という感じです。最近は司令官を置く戦隊はありませんけど。

五嶽大帝は陰間、つまり死後の世界を管理しており、その下には陰間の裁判官である十殿閻羅がいて、生前罪を犯した死者を裁き、刑にかけます。実際に刑を執行するのが地獄の鬼卒です。日本では鬼卒が「鬼」と呼ばれます。しかし、鬼は死者の霊のことであり、鬼卒のほうを鬼と言っちゃうのはおかしいことです。

地官大帝は陰間の管理機構の中で最上位の神となり、また赦罪の属性を持つために、誕生日には恩赦で地獄の亡者が解放されるということになるわけです。

盂蘭盆会

本来仏教には安居という時期がありました。これはインドの雨期に比丘(修行僧)が集まり、一箇所で修行することです。中国ではその安居の最終日が農暦の7月15日とされました。目連尊者が主人公となる偽経『盂蘭盆経』では、その安居の最終日に全ての比丘に施しをすれば、その功徳により餓鬼道に落ちた目連尊者の母親が救済されるという物語が作られました。

また、民間では中元節のときに家の前に三宝仏を祀り、先祖の冥福を願うということも行われました。仏教では本来人が死ぬと七七四十九日がすぎるとその魂は転生することになっています。四十九日法要が終わっても一周忌、三周忌と年忌を行うことに何一つ疑問を持たない日本人はまったく理解していませんが、仏教が先祖供養を行うのはありえないことです。しかし中国では祖霊信仰の影響が強いために仏教を一切無視した仏教行事が作られ、それがそのまま日本に伝わり「お盆」なるものとして定着しました。

いずれにしても盂蘭盆会というのは中元節をパクって、もしくは乗って仏教側が作り出したものです。

中元普渡

台湾に中国から移民が渡った時には中元節と盂蘭盆会はすでに習合しており、上記の通り地官大帝の恩赦によって地上に出た亡者を救済するという日になっていました。

中元節の日には街の歩道のあちこちにテーブルが出され、亡者=好兄弟にふるまう食べ物を備えます。そのため鬼月に入ると供え物を購入する人が増えるため消費が拡大します。