アジア大会で台湾がメダル獲得数8位(8月23日現在)

現在インドネシアのジャカルタで行われているアジア大会では台湾勢が活躍中。昨8月23日にはさらに2つの金メダルが台湾にもたらされました。

台湾が金メダル5つ

21日にお伝えした時点では、金メダル3、銀メダル1、銅メダル4という成績でした。

その後、エアライフル混合団体で金クレー射撃男子トラップで金メダルをとった楊昆弼選手とアジア大会に5度、オリンピックに4度出場しているベテランの林怡君選手がペアになって出場したクレー射撃の混合団体トラップ競技で銀メダルを獲得。

ボウリング女子トリオでも銀メダルを獲得。ボートの女子シングルスカルでも陳瑋涵選手が銀メダル。

男子テコンドー63kgで何嘉欣選手が銅メダルを獲得、カヌー・スラロームの女子カヤックシングルで張筑涵選手が銅メダルを獲得しています。ちなみにこの女子カヤックシングルでは、日本の矢沢亜季選手が金メダルに輝いています。

そして昨日、体操の男子種目別鞍馬で李智凱選手が金メダルを獲得、重量挙げの女子58kgで郭婞淳選手が金メダルを獲得しています。重量挙げ女子58kgでは日本の安藤美希子選手が銅メダルになっています。日本の選手と台湾の選手がメダルをかけてしのぎを削りあうのは素晴らしいことですね。

体操の男子種目別では唐嘉鴻選手が床で銀メダルを獲得。テニスの女子シングルスでは梁恩碩選手が銅メダル、インドの国技カバディの女子準決勝で台湾は本場インドと当たってかなわず、銅メダルとなりました。カバディというスポーツはシュールでおもしろいですよね。

ということで台湾選手が各方面で大活躍。結果、24日現在で金メダルが5、銀メダルが6、銅メダルが11でメダル獲得数では8位となっています。獲得メダルと競技の内訳は以下の通り。

○金メダル
1.エアライフル混合団体:林穎欣選手・呂紹全選手

2.クレー射撃男子トラップ:楊昆弼選手

3.テコンドー女子53kg:蘇柏亜選手

4.体操男子種目別 鞍馬:李智凱選手

5.重量挙げ女子58kg:郭婞淳選手

○銀メダル
1.マウンテンバイク・ダウンヒル男子:江勝山選手

2.クレー射撃混合団体トラップ:楊昆弼選手・林怡君選手

3.ボウリング女子トリオ:周佳溱選手、潘育分選手、蔡昕宜選手

4.ボート女子シングルスカル:陳瑋涵選手

5.カヌー女子スラローム カナディアンシングル:陳瑋涵

6.体操男子種目別 床:唐嘉鴻選手

○銅メダル
1.武術 男子長拳:蔡澤民選手

2.テコンドー 型競技 男子個人:陳靖選手

3.テコンドー 型競技 女子団体:陳以瑄選手、陳湘婷選手、林侃諭選手

4.男子10メートルエアライフル:呂紹全選手

5.カヌー女子スラローム カヤックシングル:張筑涵選手

6.テコンドー男子63kg:何嘉欣選手

7.テニス女子シングルス:梁恩碩選手

8.散打 女子52kg:陳暐婷選手

9.体操男子種目別 吊り輪:陳智郁選手

10.カバディ女子

11.バドミントン男子団体