桃園国際空港が「好きな空港」ランキングで3位

格安航空券比較サイト「エアトリ」などを運営している株式会社エアトリ(旧DeNAトラベル)が、旅行好きの男女1315人を対象に行なった「好きな空港」アンケートの2018年海外版で、台湾の桃園国際空港が3位に入りました。得票数は296票。

ちなみに1位はあらゆるアンケートでのきなみ1位になっているシンガポール・チャンギ空港。シンガポール・チャンギ空港は単なる空港設備ではなくショッピングモールや娯楽施設も充実している世界最高の空港と言われているのでしかたないですね。2位は韓国の仁川国際空港でした。仁川についてはよくわからないけど東アジアのハブ空港としてのポジションを成田から奪った空港ですね。

桃園を好きな空港に選んだ理由として「入国審査、出国審査のおじさんの表情。行きも帰りも私の名前を呼んでにっこりしてくれた。優しさがあふれていた」(40代/女性)というのがありました。これ単にこの人が美人だっただけなんじゃないでしょうか?おっさんの私は名前を呼ばれたことなどありません。

台北から桃園国際空港へのアクセス

かつて桃園空港から台北市内まではタクシーかバス移動の2択しかありませんでした。現在では桃園MRTの開通によってMRTでの移動が主要な移動手段になっています。

台北側の桃園MRTの駅は、台湾鉄道・台湾高速鉄道の台北駅より西に10分ほど歩いた場所の地下にあります。駅ができる以前、ここの地上には台湾各地へ向かうバスのターミナルがあり、桃園空港へ行く國光客運のバスもここから出ていました。現在バスターミナルの機能は台北駅から高速道路を挟んだ北側にある京站に集約され、國光客運の乗り場だけは台北駅の横に移動しています。

はやく移動したければMRT、安く移動したければ國光客運のバスという選択ができます。

もう一つ、高速鉄道で桃園駅まで行き、高速鉄道桃園駅からMRTもしくはバスで移動するという方法もあります。高速鉄道で桃園に向かうルートは桃園以南の地区から空港に向かうには一番効率的な方法でしょう。しかし、台北からだと効率的ではないし料金も一番かかります。しかし、台湾に行ったついでに高速鉄道に乗ってみたいというときはこっちルートを選んでもいいと思います。

第1ターミナル

桃園空港には2つのターミナルがあります。アンケートの意見の中には「到着した時のにおいが、台湾に来たという気持ちにさせてくれます」(30代/男性)というのがありました。これは第1ターミナルのことだと思われます。第1ターミナルに到着して飛行機から出ると確かに独特のにおいがあって「着いたな」という実感がわきます。

第1ターミナルは斜めの屋根が特徴的なこっちの建物です。古いターミナルだけあって内部は狭く、到着ロビーとチェックインカウンターが同じ階にありますが、内部は常にリニューアルされておりコンセントやUSBポートが設置されていて、wi-fiも繋がります。

地下にはフードコート。ここも何度もリニューアルされています。私は以前の場末感が漂う地下の雰囲気が好きでした。第1ターミナル内には他にコンビニやサブウェイなどもあるので出発前に小腹を満たす場所には困りません。セキュリティーチェックの入り口の前には、春水堂とタピオカミルクティーの本家争いをしている翰林茶館や、客家料理の専門店客家主題餐庁などもあります。

第2ターミナル

桃園MRTで第2ターミナルに到着すると、改札のすぐそばにフードコートがあります。ここでは春水堂のタピオカミルクティーを始め、鬍鬚張魯肉飯など台湾の名物をダメ押しで味わうこともできます。セブンイレブンもあるのでお土産を安めに済ませたい人には便利。私はおでんを食べます。

また、4階にも小規模ながらフードコートがあって、こっちがわにはモスバーガー。

こっち側にはバーガーキング。

4階から見下ろすと吹き抜け構造になっています。一番下にテーブルが並んでいるのが地下フードコートですね。

セルフチェックインの機械も導入されているので、対応している航空会社に乗る人はこちらで。でもチャイナエアラインやエバー航空などは桃園MRTの台北駅でインタウンチェックインができるのでそっちで済ませておいたほうが便利です。

ちなみに、エバー航空のキティジェットで帰る人は、第2ターミナルのキティさんセルフチェックイン機でチェックインができます。

第2ターミナルにはあちこちに謎オブジェが飾られているので頭上を見上げてみるとおもしろいです。

第1ターミナルと第2ターミナルの移動については、桃園空港でターミナル間違えたときは電車で移動できますを見てください。

ゴディバショップのソフトクリームは日本のほうが安い

第1第2ターミナルともに、出国手続き後のロビーにはゴディバのショップがあります。

ここではゴディバのチョコレートの他、ショコリキサーやソフトクリームなども売っています。

ゴディバだけあってクソうまい!

しかし、160NTドルを仮に1NTドル=3.5円と計算すると560円。日本のゴディバショップだとショコリキサーは600円なのでこっちのほうが安いけれど、ソフトクリームは490円なのでこっちのほうが高かった!

それはともかく桃園国際空は飛行機を待つだけではなくいろいろ楽しめるので時間があったらうろうろしてみるといいですよ。