台湾茶の淹れ方 めんどくさい茶芸式編

台湾には台湾茶芸というお茶の楽しみ方があります。これは台湾で独自につくられたお茶の作法で、今では中国人がパクってまるで元から中国にあったかのようにしているけれどもともとは中国にはありませんでした。そもそも茶芸って烏龍茶を淹れる方法で、中国で主に飲まれていたのは緑茶ですし。台湾茶芸が日本の茶道と違うのは、様式美よりもおいしくお茶を淹れて飲むことに主眼があるという点です。

茶芸はどちらかというと普段自分で楽しむ方法というよりおもてなし的なやり方です。ですから自分ひとりで飲むときはこんなめんどくさいやり方しないんですけど、茶芸のやり方を知っていればおいしいお茶の淹れ方がわかるし、自分用に多少手順を省いても基本をおさえていればより台湾茶を楽しめるようになると思います。

ということでこの記事書くためにいただきものの阿里山高山茶をあけてしまいます。

茶芸は一人でやるにはめんどくさすぎる

こんな道具で淹れます。この茶器たちは台湾に通う間に少しずつ集めたもので、本当はこんなに道具を揃える必要はありません。この他に陶器のヤカンとそれを乗っけて下からアルコールランプで加熱する炉まで持っています。鶯歌で買って苦労して日本に持ち帰ったものですが、湯沸かしポットという便利なものを手に入れてからは雰囲気以上の意味はないですね。

下の金属のが茶盤で上の陶器が茶船です。茶盤は竹製のもっとオサレなのもあるけどお高いので無理でした。

いらん道具が並んでいる中でこれだけは必須な茶壺、日本で言う急須です。これは朱泥のやつ。

日本の急須の取っ手が注ぎ口に対して横についているのに対し、茶壺は注ぎ口の反対側についています。これは、日本人が引く動作のほうが多いのに対して台湾では押す動作のほうが多いからです。ていうより日本以外ではたいてい引くより押すほうが多いですね。えげれすのティーポットも注ぎ口と取っ手が直線状にあります。

こういう紫砂で作ったものもあります。どっちも夜市の茶器の屋台で買った安物です。しかし夜市に茶器の屋台が出るというのもさすが台湾だなって感じです。装飾や柄がついているのよりこういうシンプルで小ぶりのもののほうが使いやすいです。朱泥や紫砂の素焼きの茶壺は買ってすぐには使えず、土臭さを落とす処理をしなければなりません。そのやり方はそのうち書くかもしれないです。

背が低いほうが茶杯、筒状なのが聞香杯です。素焼きの茶壺はもともとは福建の烏龍茶を飲む地域で使われていたものが伝わったのに対し、聞香杯は茶芸を確立するにあたって台湾で考案されたものです。

茶荷。一時的に茶葉を置いて様子を見たりするためのものです。自宅で楽しむためなら確実に必要ないやつです。

上が茶通で下が茶則。茶通は茶壺の注ぎ口が詰まったときにつっこむためのもので、茶則は茶葉をすくうためのものです。建国花市で売ってたのでつい買ってしまいました。

茶海。ピッチャーですね。これも一応あったほうがいいかな程度のもの。台湾で買ったけどなぜかメイド・イン・ジャパンです。

まず空の茶壺にお湯を注いで温めます。これはわりと重要な手順なので、手抜きで淹れるときもこれだけはちゃんとやります。

そのお湯を茶海、茶杯、聞香杯などに注いでこちらも温めます。

茶則で茶葉をすくって茶荷に移します。本来はゲストにこういうお茶を使いますよと見せたりするわけです。

茶荷から茶壺に茶葉を入れます。ふだんはこんなめんどくさいことしないで手で直接入れてますが。

沸騰させたお湯を注ぎます。この温度については90度ぐらいって言う人もいれば95度っていう人もいれば、100度という人もいます。私は日本語世代の方に100度でないと香りが出ないと教えられたので100度にしています。

蓋をしめてその上からさらにお湯を注ぎます。茶海や茶杯などを温めていたお湯もかけてしまいます。茶盤はこうして茶船に注いだお湯があふれそうになったときにだばあするためのものです。

茶壺の表面が乾いたらとか、注ぎ口に出ていたお湯が引っ込んだら注ぐタイミングだと教わりました。

茶海に注ぎます。これは飲む人が複数いる時にお茶の濃さを均一にするためでもあります。

まず聞香杯に注ぎます。

茶海の上には茶壺を乗っけて保温します。

聞香杯に茶杯をかぶせ、

上下をしっかりおさえてひっくりかえします。

聞香杯をゆっくりひきあげます。まあこんなことしないでも聞香杯から普通に注いでもいいんですけど。

聞香杯にはお茶の香りが残っているので、その香りを聞きます。「聞」には香りをかぐという意味もあります。日本でも香道では香りをかぐではなく聞くと言うようですね。

あとは普通に飲むだけ。一煎目はどちらかというと香りを楽しむ感じです。この茶葉はフルーツっぽい香りがあるように感じます。

こちらが二煎目。明らかに色が違うのがわかります。味を楽しむのは二煎目からという感じです。

この阿里山高山茶はうまみ成分はそれほどないけれど、台湾人が言う回甘、のどごしに感じる甘みがあって、まるでライチのよな風味があります。

これはお茶だけで楽しんだほうがいいやつですね。お菓子なんかと一緒に楽しむには、うまみが濃い凍頂茶のほうがいいです。

五煎目までおいしく飲めたけどさすがに一人でそれ以上はもういらんと思ったのでそこまでにしました。

普段はこういう簡易型の茶盤と、聞香杯は使わずにこういうカップに直接注いで飲んでいます。このカップはもう20年近く前にJRが展開していた香港式プリンのお店のプリン容器です。飲み口が薄くて台湾茶を飲むのにとても合っています。

あと茶通は普段は川原で拾った竹をけずって自作したものを使っています。平べったいほうは飲み終わったあとに茶殻を茶壺から出すのに使うのですっかり色がついてしまいました。道具を自作しだしたらもうダメだと思います。戦国時代の数奇者じゃないんだから…

今回はかなりめんどくさい式の淹れ方をご紹介しましたが、簡易型とか日本の茶器で淹れるやりかたなんかも書くかもしれません。