第19回台湾漫画博覧会 参加声優情報

8月16~20日、台北の世界貿易センターで第19回目となる漫画博覧会が開催されます。その中でも注目されるのがオールジャパンコンテンツエリア「日本館」。世界を代表する日本のコンテンツ産業が集結します。今回は日本館PRキャラクターとしてバーチャルユーチューバーのキズナアイちゃんが選ばれました。また、台湾でいまなお異常な人気を誇る『中華一番!』の原作者・小川悦司先生のサイン会も開催予定です。

第19回台湾漫画博覧会参加声優

このイベントには毎回日本の声優が招かれ、サイン会やファンミなどを開催しています。今年の漫画博覧会に参加が発表されている声優さんは4名。

楠木ともりさん、小倉唯さん、種崎敦美さん、久川綾さん。

久川綾さんのサイン会は8月18日10時半から、種崎敦美さんのサイン会は8月19日の10時半から。ただこのお二人のサイン会はすでに参加資格の発売が終わってしまっているので、今から参加資格を得るのは不可能です。

日本から行って参加できる可能性があるのは、まず楠木ともりさんのファンミーティング。

こちらは世界貿易センターA舞台で8月17日16時半から。参加資格は当日8月17日に木棉花のブースで1000NT$以上を購入した人が199NT$を支払えば獲得できます。参加資格の発売は8月17日10時より、限定200名。

それともう一つ、小倉唯さんのファンミーティング。

こちらは世界貿易センターB舞台で8月18日16時半から。参加資格は当日8月18日10時から木棉花のブースで販売。価格は899NT$。こちらも限定200名。小倉唯さんは10月から放送のアニメ『ゴブリンスレイヤー』女神官役としての参加のため、ファンミ参加資格にはゴブリンスレイヤーのサイン色紙と掛け軸がつきます。

なかなかに厳しい条件ですが、どうしてもともりるや唯ちゃんに会いたいという人は頑張ってください。

漫画博覧会自体の開催期間は8月16日(木)から8月20日(月)の10時~18時

会場は世界貿易センター。台北101の隣です。

行き方は台北MRT淡水信義線で台北101/世貿駅下車。5番出口を出るとそこが会場です。

入場料は120NT$。公式サイトに記述がないので当日券があるのかないのか不明。8月15日までなら台湾ファミマのファミポートなどで購入できます。

漫画博覧会公式サイト(中国語)

以下独り言なので読まなくていいですけど、ともりるは『メルヘン・メドヘン』始まる前にスクスタの発表会で見てからのファンなんでおじさんファンミ行きたいんですけど。あと唯ちゃんはHUGプリのほまれちゃんを始め、低めの声での演技が増えてきて低い声も最高かよと思うんですよね。種崎敦美さんは潘めぐみさんとのラジオずっと聞いてました。あと久川綾さんは水野亜美ちゃんあたりから好きだけど、『ノワール』のクロエの病み演技もとてもよく、そして「キュアムーンライッ!」は至高だと思います。なんだ全員好きな声優さんじゃないか!うらやましいわ!

当日の様子はともりるのラジオとか、あっちゃんとちっすーのラジオとかで聞けるのではないかと楽しみにしています。