台湾で朝飯といえば飯糰だろうと思うので観光客ももっと食べればいい

台湾の朝食というと昔大安駅の近くのMRTの線路沿いにお粥横丁的なものがあって、朝粥の店が軒をつらねていたけど今ではだいぶ廃れましたね。あと定番といえば豆乳と油條とかでしょうか。しかし、実際台湾人がよく食べているのはパンとコーヒーだったりもします。グルメ天国の台湾も、朝ごはんとなると意外と選択肢が狭かったりしますね。私は飯糰が好きです。飯糰を「台湾式おにぎり」とか言う人もいるけどそれはちがくね?と思います。もっとも、台湾ではコンビニで売ってる日本式のおにぎりを日式飯糰と呼んでいますのでお互い様でしょうか?

飯糰は、粢饭团という上海の朝食小吃が源流です。中華民国が上海に首都を置いていただけに、蒋介石が台湾に逃げ込んだときに上海出身の人もたくさん台湾に流入しました。上海には一泊しかしたことがなくて、空港近くのホテルに泊まって朝ごはんもホテルで食べたので粢饭团のは食べたことがありません。以前テレビで見たのは、台湾の飯糰とは違い日本のおにぎりと同じ程度の大きさのものでした。

外はもちもち中はサクサク

これは善導寺近くの阜杭豆漿の飯糰。台湾の飯糰は細長く、日本のおにぎりの倍ぐらいの大きさはあります。このときは阜杭豆漿の近くに住んでたから朝5時半ぐらいに行って、並んだのは10分程度でしたかね。阜杭豆漿の豆乳の味はフツーですよ。ここに並ばなくても豆乳が美味しい店は台北にはたくさんあります。

飯糰は、たいてい豆乳の店とかに置いてあります。ただ、朝行って注文すると今はないと言われることも多いです。

こんなような屋台でも買えます。朝ごはんは朝ごはんで屋台が立つのが台湾のおもしろいところです。寧夏路夜市には有名な飯糰の屋台があり、ここなら夜にも食べられます。ただいつもクッソ長い行列ができていたので行列嫌いだから食べたことはありません。

中身はこんな感じ。飯糰に使われるのはもち米で、中に油條、肉鬆、菜脯などが入っています。もち米のモッチリ感と油條のサクサク感が合わさって非常においしいです。肉鬆は油條の周りに見える細かい乾燥肉、菜脯は干した大根の漬物で、たくあん的なものです。日本ではよく切り干し大根などと紹介されているけど、そう言っている人らは切り干し大根ってどういうものか知ってるのかな?ちなみに台湾では日本式のたくあんも食べられています。あとこれは卵焼きも加えてもらっています。

もち米なのでわりと腹にどっしり来る感じですね。

私がおすすめなのは、西門町に朝にだけでる屋台の飯糰。ただ、この前行ったらいなかったので規制的ななにかで場所がかわってしまった可能性もあります。あとは林森北路のなんか日本人ばっかいる世界豆漿大王の飯糰もなかなかおいしかったです。まあどこで食べてもだいたいおいしいです。