台湾では日本語は基本通じないと思ったほうがいい

よくいる「外国でも気持ちさえ通じれば言葉はいらない」とか言うやつあれきらい。何様のつもりだテメーと思いますよ。これを受け取り側から見て言い直すと「現地の言葉も話そうとしないやつが、わけわかんない仕草で自分の気持をわからせようとしてくる」になります。

私は町歩いてるとなんでかお年寄りと外国人に道を聞かれることが多いです。外国人がこっちに道を訪ねてくるときは、片言の日本語か英語でなんとか言葉で自分の意思を通じさせようとしますよ。それが当然でしょ。相手が日本語できないときは、こっちも中学生以下の英語でなんとか伝えようとがんばりますわ。

台湾では日本語が通じるなんて話がありますが、それいつの話だよと思います。確かに私が初めて台湾に行った30数年前は、日本語世代の台湾人がそこらじゅうにごろごろいたので、中国語できなくても困りませんでした。

日本語世代のお年寄りはどんどん減っている

毎年最低でも1回、多い時では3回台湾に行くようになったのは2001年からのこと。つまり17年前のことで、そのころも、例えば龍山寺あたりだと日本語世代のおじいちゃんおばあちゃんが、日本人を案内してやろうと待ち受けていました。彼らは日本人と日本語で話したいだけで、もちろんガイド料などとらずにお参りの仕方や神様の由来などを親切に教えてくれました。

2005年の228紀念日に、228紀念公園の集会に参加したときは、日本語で会話してる台湾人のお年寄りがいてビビリましたからね。

しかしそれも昔の話。日本語世代の台湾人はどんどん少なくなっています。1945年に日本が台湾の統治権を放棄してからでも73年経っています。かろうじて日本語教育を受けた人でも80歳です。さらには、73年間日本語を使い続けてきた人以外は日本語を忘れてしまっている場合も多いです。台湾には、日本語を忘れまいとして日本語世代の方を中心に集まる日本語の勉強会のようなものもありますが、どんどん人が減っていってしまっています。それも時代の流れですから、時間を押し止めることができない以上どうにもできません。

もちろん、若い世代でも日本語を勉強している人はいるし、観光スポットでも日本語がある程度通じる場合もあります。しかし、基本的には今の台湾で日本語はほぼ通じません。台湾で飯食ってるとたまに勘違いしたバカな日本の中高年が日本語でがなりたてて注文しているのを見ることがあるけど、店の人にとっては迷惑このうえないですよね。

台湾では英語教育は日本よりかなりしっかりやるので、30歳以下の台湾人ならおそらく英語のほうが通じます。

台湾に住んでいるときは、台湾在住の日本人にもたくさん会いました。中には私など足元にもおよばないくらいに中国語が堪能で、台湾語までできちゃう人がいれば、逆に中国語がまったくできないという人もいました。

まあ台湾では実のところ日本語オンリーでも生活できるんですよ。日本料理店とか、日本人客が多い高級レストランを選んでいけばいいだけです。日本人がやってるバーとかカレー屋、洋食屋もありますし。でも、そんなところばっか行く生活で楽しいのかなとは思います。

台湾人と交流したいなら、最低でも中国語、できれば台湾語もできたほうがいい。特におっさんは台湾語で話しかけられることが多いです。私などはしょっちゅう台湾語で話かけられるので「ごあしーりっぷんらんたいぎーてぃあぼー=わし日本人で台湾語わからんのよ」って台湾語で言ってました。台湾語で会話はできないけど、その程度のことと挨拶ぐらいならできますし、なんなら台湾語で話してる2割3割ぐらいなら聞き取れます。

相手と意思疎通するためには、相手の言葉を勉強するのが最低限の礼儀じゃん?その礼儀もできてないやつが「気持ちが通じれば」とか一見きれいごとっぽい傲慢なこと言うからイラッとするわけですよ。

あと、筆談なら通じると思ってる連中に言いたいんだけど、こちらが書いたものが相手に通じるという前提なら、当然相手が書いたこともわからないといけないわけです。中国語の文章読めんの?

確かに日本語は漢語由来の単語を使わないと成り立たない言語ですけどね、その単語を並べたところでまずは通じませんから。まあ「手洗」ぐらいは通じるだろうけど。