臭豆腐はガチでうまいから敬遠しないでほしい

台湾人に言うとたいてい驚かれるのが「我喜歡吃臭豆腐」。臭豆腐好きなんだよねって言うとおまえ本当に日本人かよって反応が返ってきます。あれよね、外国人が納豆好きって言ったときの日本人みたいな反応よね。でも一度食べてみれば好きになる人も多いと思うんですよ。

うまいからぜひ食べるべき

初めて臭豆腐を食べたのはいつだったかもう忘れました。台湾の友達が基隆の廟口夜市に連れて行ってくれたときに、串焼きの臭豆腐の屋台があり、わし、臭豆腐食ったるねん!みたいな感じで意を決して食べてみたらうまかった。

最近は夜市で臭豆腐が臭ってくるのも少なくなってきた気がしますね。昔は夜市に限らず町中でもふと臭いがただよってきていました。

初めて食べてからはもういろんな臭豆腐を食べました。

例えばこれは昔の士林夜市で食べた麻辣臭豆腐鍋と揚げた臭豆腐。昔の士林夜市って駅前にあった仮夜市じゃなく、さらにそのまえの古いところね。あのころの士林夜市は今と違っていろんな種類の屋台があってほんとよかった。

焼いたり揚げたりすると香ばしくなって食べやすいので初心者にもおすすめです。これはその一段上として鍋はどうなのよってチャレンジした時です。

結果やっぱりうまかった!

そんでその後調子にのって深抗老街まで行ってしまいました。深抗老街というのは木柵鉄観音で有名な猫空の北側のふもとあたりにある街で、臭豆腐が有名なところ。そこで臭豆腐のコース料理を食べました。

麻辣鍋に、

春巻きの皮で臭豆腐を包んで揚げたやつ。

どれもみなおいしかった。

これは素食の屋台で買ったやつです。揚げた臭豆腐とキャベツの酢漬けの相性がいいです。

しかし、自分の中で一番おいしいと思ってるのは艋舺夜市の臭博士臭臭鍋の臭豆腐鍋。沙茶醬味のだし汁で煮た臭豆腐が非常においしく、臭豆腐初体験の人にも好評でした。

臭豆腐は発酵汁はくさいけれど調理した臭豆腐自体はほとんど臭くありません。テレビで芸人が食べてくさがったりしてるのは嘘です。好き嫌いはあって当然だけれど、受けを狙って他国の食文化を貶めるのは最低の行為ですね。