台湾でコンビニおでんは絶対はずせない

台湾はコンビニ王国で、特に台北はコンビニ密度が日本以上。台湾の最大手食品メーカー・統一が運営するセブンイレブンを筆頭に、ファミマ、地元系列の萊爾富、アメリカのサークルKと台湾企業の合弁会社が運営するOK超商などがしのぎを削っています。

それらに共通しているのは、日本のコンビニの影響が強いということ。例えばおにぎりはどこでも売っているし、店頭でおでんも売られています。

おでんは日本時代に台湾に伝わった食文化です。一般的に黑輪(台湾語読みでおーれん)、甜不辣と呼ばれ、コンビニでは關東煮として売られています。關東煮というのは関西でおでんを関東炊きと呼ぶところから来ているのでしょう。ただし、おでんといっても煮込む具材はほとんどが日本ではお目にかかれないような台湾独自のものです。もっとも、そのへんは日本国内でも地域によって具材が変わるのと同じです。ちくわぶが入っているのは関東だけだそうですね。沖縄のコンビニおでんには足てびちが入っていました。

台湾のおでんはやはり肉団子系が多いです。それと、台湾のおでんにしか入っていない豬血糕。豚の血をしみこませたもち米を蒸したもので、台湾人はこれ好きですね。っていうか私も好きなんですけど。

セブンの麻辣味おでんが特におすすめ

セブンイレブンには、昆布だしのふつうのおでんと、辛い麻辣味の二種類が置かれています。より台湾らしいのは麻辣味。辛いのが苦手でなければおすすめします。

こう、なかなかに毒々しい見た目で、知らない人に見せてもこれがおでんとは思わないでしょうね。右下にあるのは豬血。豚の血をかためたやつです。台湾で豚レバーを食べるとくさみがなくておいしいのは、血を利用するために抜いているからではないかと思います。だからといって、豬血が臭いかというとそんなこともありません。日本で豚レバー買うと変に臭いのは、血を抜かないまま流通させるせいで、臭いの成分が発生するためではないでしょうか?

さて、台湾でコンビニおでんを買う時にかかせないのがこの科学麺です。これは味がついてないチキンラーメンのようなもので、加熱しなくても水分を吸って食べられるようになります。

それを具材の下にうずめます。このためにだし汁は多めに入れておくのが台湾流。

具材を食べ終わると、ちょうど麺がやわらかくなっています。

麺を加えるというのは台湾伝統の煮込み料理「魯味」を店頭の煮汁で温め直して提供する「加熱魯味」でやるようになったのが始まりみたいです。

こうすると二度おいしい。日本のコンビニおでんでもまねすればいいのに。