台湾のセブンで台湾限定ベビースター販売

台湾には日本のお菓子は有名所だったらだいたいのものが売られています。もちろんベビースターラーメンも売られていて、これはおやつカンパニーの現地子会社・優雅食が製造販売しています。その優雅食が本日6月20日より、セブン限定で「らーめん山頭火」とのコラボ商品「ベビースタードデカイラーメン 鹽味豚骨拉麵口味」を発売します。塩味豚骨拉麺味って感じですかね。

日本の料理は人気だが、台湾で長く続けるのは至難の業

「らーめん山頭火」は台湾に進出して6周年になるそうで、その記念としてコラボが実現したようです。塩味といいつつも、塩気が強い味を好まない台湾人向けに薄味になっているとのこと。確かに台湾では濃いめの味付けのものでもしょっぱさは弱いですね。

台湾にいたころうまい棒がなくて、一時帰国のたびに30本入りのを買って帰ったりしてました。以前はうまい棒も台湾で売られていたそうですが、売られなくなったのはやっぱり台湾人にはしょぱすぎたからではないかと思います。そのかわり地元企業のうまい棒っぽい棒型スナックは売られていて、甘みが強めのしょっぱ甘い味付けが多かったです。

「らーめん山頭火」は北海道のお店だそうで、北海道っていうか北の方は塩気が強いイメージがありますけど、台湾で6年も続いているということは、ちゃんと台湾人に受け入れられる味になっているということなんでしょう。そういう味の変更ってもともとの味にこだわりがあるほど難しいものだと思いますが、それを成し遂げた企業努力は素直にすごいなと思います。