スシローの台湾進出第1号店開店

本日6月15日、台北にスシロー台湾進出第1号店がオープンしました。そもそも台湾では寿司は珍しいものではなく、日本時代に定着したいなり寿司や巻きずしはもはや台湾料理の一つと言っても過言ではありません。

台北に回転寿司屋はめずらしくない

握り寿司も人気で、駅にはテイクアウト専門の寿司専門店があるし、回転寿司もあちこちにあります。本格的な寿司を食べたければ日本人の職人さんが開いている寿司店だってあります。もっとも私は人にごちそうになった以外は台湾で寿司を食べることはないので、台湾の回転寿司がどんなレベルなのかは知りません。

スシロー台湾1号店ができたのは、台北駅前の新光三越の横、館前路のマクドナルドの上のようです。あそこのマクドナルドはずいぶん昔からありますが、その上の階って入れ替わりが激しいんですよね。もう10年前ぐらいだったか「少年徳川家康」という店がありました。その後は韓国料理店とかあった気がします。

すっごいいい場所なのに、店がころころ変わって定着しないところってありますよね。そういう場所です。この近所には大戸屋とかやよい軒とか王将だか大阪王将だかもあって、日本のチェーン店の進出も特に珍しくもない場所です。

スシローは特に好きでも嫌いでもない店なので、まあがんばってねとは思うけれど、どうでしょう?わりと激戦区に進出しちゃったんじゃないかなと思います。台湾人って日本料理好きだけど、微妙に日本人とは好みが違うから、台湾人向けにローカライズができるかどうかが鍵になるかもしれませんね。

とりあえず私はここ行くぐらいだったらもうちょっと歩いての信陽麺館に行きます。

探したら今スシローが入っているところにあった「少年徳川家康」の写真がありました。撮影は2003年。もう15年も前ですね。フライドチキンのお店だったようです。なぜ少年徳川家康なのかは今持って不明です。