台北で臺灣同志遊行開催

10月29日、台湾は新型コロナウイルスの国内新規感染者ゼロの継続日数が200日となりました。

いまだに新規感染者の増加を抑えられていない日本とは対照的です。

日本では、台湾の武漢肺炎封じ込めについていまだに唐鳳(オードリー・タン)氏のIT技術についてばかり注目しています。
続きを読む →

『返校』ドラマ版が12月よりネットフリックスで配信決定

台湾で一斉を風靡したホラーゲーム『返校』を原作とするドラマが12月よりネットフリックスで配信されることになりました。

1960年代を舞台にしたゲームに対し、ドラマ版は1990年代が舞台になるとのこと。

林仕肯プロデューサーはこの配信決定について

権威主義体制によって抑圧された時代を描いた物語がネットフリックスのネットワークを通じて世界に展開され、台湾ならではの歴史を伝えられることは、デジタルデモクラシーが築かれつつある時代において特に意味のあることだ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dc946489ad941e4a0f40ba78a9f0a463cfb56324

とコメントを寄せました。

しかし、私はそのプロデューサーの願いは、日本人には届かないと思います。
続きを読む →

大阪のパン屋が香港のパンを勝手に台湾のパンだと言い出す

世間では台湾ロスが広がっているとのこと。私も1年近く台湾に行っていないので欠乏症がひどいです。

特に、今年12月に行くつもりで予定を立てていた萬華の青山祭に行けないのはほぼ確実なので精神的な落ち込みがひどいです。

それを多少なりとも紛らわせようとYoutubeで台湾の動画をいろいろ見ていると、台湾はすでにすっかり正常になっていて、飲食店も人で賑わっています。

そんな状況でも気を緩めず防疫態勢を崩さないのが台湾政府のすごいところ。
続きを読む →

今日は中元普渡

今日は農暦7月15日の中元節です。

三官大帝のうちの一柱、地官大帝の誕生日であり、その恩赦として地官大帝が統括する地府と地上を隔てる蓋が開いて亡者が地上に戻ってきます。

また、中国では仏教勢力が『盂蘭盆経』という偽経を作って施餓鬼を行う日としました。

台湾ではその双方が習合し、地上に出てくる亡者=好兄弟をもてなしてから救済する「中元普渡」の日となっています。
続きを読む →

今夜は七夕情人節

本日は農暦7月7日の七夕です。

日本の場合、明治以降に七夕を新暦の7月7日にしてしまったためにだいたい梅雨空で星なんか見えません。当たり前だバカとしか言いようがないです。

農暦7月7日ならだいたい晴れていることが多くて星が見えるし、場所によっては天の川も見えるでしょう。
続きを読む →

今日から鬼月

台湾では農暦7月の1ヶ月間は「鬼月」と呼ばれます。

台湾でも広く信仰されている道教では、それぞれの神様に誕生日が設定されており、その誕生日ごとにお祭りが行われます。

農暦7月15日は中元二品七炁赦罪地官洞靈清虚大帝青靈帝君の誕生日=中元節です。日本ではお世話になった人に贈り物をする「お中元」という、原典とこれっぽっちも関係がないものに捻じ曲げられています。
続きを読む →

陳其邁氏が圧倒的得票数で高雄市長に当選

6月に韓国瑜氏が高雄市の市長職を罷免されたのを受け、本日新たな市長を決める選挙が高雄市で行われました。

立候補したのは3名。

陳其邁:民進党

吳益政:台湾民衆党

李眉蓁:中国国民党

陳其邁氏は医師出身で、陳水扁政権時に当時の謝長廷高雄市長が行政院長に引き抜かれた後に代理市長に抜擢されました。2018年に行われた高雄市長選挙で立候補したものの、韓国瑜氏に惜敗。その翌年、当時の賴清德行政院長が総統選への出馬を表明したため辞職したあとを受け成立した蘇貞昌内閣で行政副院長に就任。

武漢肺炎の防疫において、医師であり、かつ公衆衛生の専門家でもあることを活かし、指揮官の陳時中氏を政権内部から強力にサポートしました。

吳益政氏は、親民党籍の高雄市議でありながら、柯文哲台北市長が立ち上げた台湾民衆党にも参加。二重の党籍を持ち、今回は台湾民衆党から出馬しています。中国との関係については、台湾は主権を持ちつつ中国と連邦となることを主張。九二共識を認める立場であったものが、高雄市長に立候補するとともに九二共識はすでにない。つまりかつてはあったものの、現在は存在しないという主張に変わっています。しかし、親民党籍であることから親中的な立場であることは明確です。

李眉蓁氏は国民党籍の高雄市議で、今回国民党からめぼしい立候補者がいなかったため候補に据えられたといった形。国民党として一応候補は出したものの、勝てる見込みがない選挙に捨て駒として使われたものと見られます。

本日行われた投票で、李眉蓁氏24万8478票、吳益政氏3万8960票、陳其邁氏67万1804票と他の候補に圧倒的な差をつける得票数で陳其邁氏の当選が決まりました。

李登輝先生のご遺体が火葬へ

本日8月14日、7月30日に逝去された元台湾総統李登輝先生の火葬が行われました。

李登輝先生は戦後キリスト教に入信し、敬虔なクリスチャンであったため、台北市内の長老教会に属する濟南教会で慰霊の儀式が行われ、棺を乗せた霊柩車は総統府の周囲を一周した後に火葬場に向かいました。

李登輝先生の奥様である曾文恵さんは式には出席せず、ご自宅で遺骨が帰るのを待ったとのこと。

蔡英文総統はFacebookに「ありがとうございます李前総統、民主台湾は私達が続けて守っていきます」という感謝のメッセージを載せています。

また、台湾を訪問中だったアメリカ政府のアレックス・アザー保健福祉長官は台北賓館に設えられた慰霊所を訪れて献花し「李総統の民主遺産は永遠にアメリカと台湾の関係を前身させていくことでしょう」というメッセージを残しました。

アザー氏は11日に行われた講演会で、李登輝先生を民主主義の礎を台湾に根付かせた偉大な英雄だと称賛しています。

李登輝先生の遺骨はご自宅に安置され、告別式は来月行われる予定です。

「台湾原住民」は原住民が自ら勝ち取った呼称

8月1日の台湾は「原住民族日」でした。これは台湾原住民が自ら「原住民」という呼称を勝ち取ったことを記念する日です。

日本で台湾の原住民が紹介されるとき、彼らの正しい総称である「台湾原住民」が使われることはまずありません。

大体は台湾先住民と書かれ、多少気が利いた記事になると台湾先住民(台湾での呼称は原住民)などと解釈が入ります。
続きを読む →

李登輝先生が逝去

台湾元総統李登輝先生が本日7月30日台湾時間19時24分(日本時間20時24分)逝去されました。

李登輝先生は今年2月に牛乳を誤嚥し、肺炎を起こして入院。治療を続けていました。

本日午前9時半ごろ、状況が悪化したとの知らせを受けた蔡英文総統、頼清徳副総統、蘇貞昌行政院長が病院を見舞い、最期のお別れをしたようです。
続きを読む →